本文へ移動します

井上 和哉

氏 名井上 和哉イノウエ カズヤいのうえ かずや 
職 位准教授
所 属首都大学東京人文社会学部 人間社会学科 心理学教室
人文科学研究科 人間科学専攻 心理学・臨床心理学分野
2018年再編前の所属
都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース 心理学教室
健康福祉学部 看護学科
人間健康科学研究科 看護科学域
 
専門・研究分野知覚・認知心理学、感情心理学
最終学歴・学位筑波大学大学院人間総合科学研究科・博士(心理学)
研究テーマ人間の認知・感情・学習のメカニズムの解明
得られた心理学的成果の社会的な問題への適用
研究キーワード視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚
短期記憶、ワーキングメモリ、長期記憶、選択的注意、注意資源、意思決定(消費者心理、広告等を含む)
単純接触効果、妨害刺激嫌悪効果、選択誘導性選好
行為主体感、運転時の認知及び感情
人間と機械の相互作用、情報学・工学研究者との共同研究
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
学術論文
Yokoyama, T., Kato, R., Inoue, K., & Takeda, Y. (2018). Joint attention is intact even when visuospatial working memory is occupied. Vision Research.

Yagi, Y.*, & Inoue, K.* (2018). The contribution of attention to the mere exposure effect for parts of advertising images. Frontiers in Psychology, 9:1635 (7 pages). *equal contribution

Inoue, K., Otake, K., & Sato, N. (2018). Satiety change elicited by repeated exposure to the visual appearance of food: Importance of attention and simulating eating action. Journal of Health Psychology Research, 31, 9-19.

Inoue, K., Yagi, Y., & Sato, N. (2018). The mere exposure effect for visual image. Memory & Cognition, 46, 181-190.

Inoue, K., & Sato, N. (2017). Valuation of go stimuli or devaluation of no-go stimuli? Evidence of an increased preference for attended go stimuli following a go/no-go task. Frontiers in Psychology, 8:474.

Inoue, K., Takeda, Y., & Kimura, M. (2017). Sense of agency in continuous action: Assistance-induced performance improvement is self-attributed even with knowledge of assistance. Consciousness and Cognition, 48, 246-252.

Takeda, Y., Inoue, K., Kimura, M., Sato, T., & Nagai, C. (2016) Electrophysiological assessment of driving pleasure and difficulty using a task-irrelevant probe technique. Biological Psychology, 120, 137-141.

Inoue, K., & Takeda, Y. (2014). The properties of object representations constructed during visual search in natural scenes. Visual Cognition , 22, 1135-1153.

Inoue, K., & Takeda, Y. (2012). Scene-context effect in visual memory is independent of retention interval. Japanese Psychological Research, 54, 360-367.

Inoue, K., & Takeda, Y. (2012). The role of attention in the contextual enhancement of visual memory for natural scenes. Visual Cognition, 20, 94-107.

井上和哉・菊地正(2011) 静止刺激への順応と運動刺激への順応がmotion-induced blindnessに及ぼす影響 基礎心理学研究, 30, 34-43.

Inoue, K., Yagi, Y., & Kikuhi, T. (2011) Perceptual disappearance of a visual object in a driving situation. Psychologia, 54, 87-95.

伊藤真利子・井上和哉・佐藤和代・菊地正 (2011) 脅威刺激の検出優位性における形態特徴の重要性 感情心理学研究, 18, 96-105.

井上和哉・菊地正 (2009). 感情サイモン課題による単純接触効果の測定 筑波大学心理学研究, 38, 1-11.

井上和哉・菊地正 (2008). 内発的注意と外発的注意がmotion-induced blindnessに及ぼす影響. 筑波大学心理学研究, 35, 1-6.

嶋田洋徳・井上和哉・和田美佐子 (2002) 項目反応理論を用いた異性不安尺度の
項目分析 新潟大学人文科学研究, 110, 1-15.

査読付き国際会議論文
Sakamura, Y., Tomita, A., Shishido, H., Mizunami, T., Inoue, K., Kameda, Y., Harada, E., & Kitahara, I. (2018). A Virtual boarding system of an autonomous vehicle for investigating the effect of an AR display on passenger comfort. International Workshop on Comfort Intelligence with AR for Autonomous Vehicle, 6 pages.

書籍
井上和哉 (2018). 探すのに集中しているときとそうでないときで何が違うのか?――指数-正規分布の階層モデリング―― 豊田秀樹(編著) たのしいベイズモデリング―事例で拓く研究のフロンティア― (pp.161-170) 北大路書房

井上和哉 (2018). 8章 知覚および認知の心理学(人の感覚・知覚などの機序およびその障害、人の認知・思考の機序およびその障害) 福島哲夫(編) 公認心理師必携テキスト (pp.145-159) 学研メディカル秀潤社

井上和哉 (2017). 帰無仮説有意性検定 Kruschke John, 前田和寛・小杉孝司 (監訳) ベイズ統計モデリング: R,JAGS, Stanによるチュートリアル 原著第2版 pp.303-339, 共立出版.
受 賞日本健康心理学会第29回大会優秀発表賞受賞(2016.11.19)
日本基礎心理学会優秀論文賞受賞(菊地正と連名)
筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科長賞受賞
筑波大学大学院人間総合科学研究科心理学専攻 心理学専攻長賞受賞
感情心理学研究優秀論文賞 (伊藤真利子・佐藤和代・菊地正と連名)
主な学会活動感情心理学研究編集委員(2019年6月まで)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 学習・言語心理学
  • 感情・人格心理学
  • 認知心理学演習
  • 認知心理学
  • 認知心理学特殊講義
  • 認知心理学演習
  • 認知心理学研究演習第一
  • 認知心理学研究演習第二
  • 認知心理学特論演習
  • 認知心理学特論演習
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ