本文へ移動します

大須賀 沙織

氏 名大須賀 沙織オオスガ サオリおおすが さおり
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 フランス語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 仏文学教室
H30再編後の所属
人文社会学部 人文学科 フランス語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 フランス語圏文化論分野
 
専門・研究分野19世紀フランス文学
最終学歴・学位パリ第4・ソルボンヌ大学 博士(文学)
研究テーマオノレ・ド・バルザックにおける神秘思想とカトリック文化
研究キーワードキリスト教神秘思想、聖書、スウェーデンボルグ、ギュイヨン夫人、カトリック文化、グレゴリオ聖歌
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
〔著書〕
・Seraphita et la Bible ― Sources scripturaires du mysticisme balzacien ―, Honore Champion, 2012.

〔論文〕
・「聖王ルイにおける祈りと聖歌」、Etudes francaises(早稲田フランス語フランス文学論集)n°24、2017、p. 60-76.

・「バルザックにおける女性神秘思想家―ギュイヨン夫人と内的祈り―」、『フランス語フランス文学研究』n°109、2016、p. 123-138.

・「ガリア聖歌 ―フランスで生まれた聖歌の源流を求めて」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第61輯、2016、p. 21-37.

・「バルザックにおける終油の秘蹟」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第60輯、2015、p. 47-64.

・「バルザックにおける『キリストにならいて』―『現代史の裏面』を中心に」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第59輯、2014、p. 5-22.

・ ≪ Swedenborg et la theosophie mystique dans Seraphita ≫, L’Annee balzacienne, n° 14, 2013, p. 183-197.

・ ≪ Balzac and Swedenborg ≫, in Philosophy, Literature, Mysticism: An Anthology of Essays on the Thought and Influence of Emanuel Swedenborg, edited by Stephen McNeilly, The Swedenborg Society, London, 2013、p. 151-174.

・「『神秘の書』をつなぐテーマ ―スウェーデンボルグ思想と天使の表象をめぐって―」(バルザック『神秘の書』巻末論文)、水声社、2013、p. 401-413.

・「バルザックにおけるカトリック典礼 ―祈りと聖歌―」、『日本フランス語フランス文学会 関東支部論集』第20号、2011、p. 27-39.

・「バルザック『セラフィタ』における聖書」、『日本フランス語フランス文学会 関東支部論集』第19号、2010、p. 29-42.

・「バルザック『セラフィタ』におけるスウェーデンボルグ ―『真のキリスト教』との関連を中心として―」、『日本フランス語フランス文学会 関東支部論集』第18号、2009、p. 59-70.

・「バルザック『セラフィタ』におけるテオフィル・ブラの彫像『礼拝する天使』の反映」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第51輯、2006、p.101-114.
受 賞
主な学会活動日本フランス語フランス文学会
日本フランス語教育学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • フランス語I 103b
  • フランス語I 103c
  • フランス語II 804a
  • フランス語II 804b
  • フランス語I 103b
  • フランス語I 103c
  • フランス語II 804a
  • フランス語II 804b
  • フランス語圏文学論
  • フランス語圏文化論A
  • フランス語圏文化論B
  • フランス語圏文化研究
  • フランス語圏文化特論
  • フランス文学研究
  • フランス文学特論
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
  • フランス語圏文化研究
  • フランス語圏文化特論
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果平成25年度〜平成27年度
ページトップへ