本文へ移動します

日野キャンパスに電波暗室が完成しました ~5G研究にも対応~

 東京都立大学では、東京都が策定した「『未来の東京』戦略」の取組の一環として、2020年度に南大沢キャンパス及び日野キャンパスにローカル5G環境を整備し、この環境を活用した研究・実証実験を開始しています。この事業の中で、昨年度より整備を進めていた日野キャンパスの電波暗室について、2021年7月末で整備が完了し、8月より供用を開始しました。

※電波暗室・・・シールド構造により、外部からの電波を遮蔽し、外部にも電波を漏らさず、かつ電波吸収体により電波の反射を防ぐ試験室

今回、日野キャンパスに整備した電波暗室の概要は以下のとおりです。

3m法電波暗室(日野キャンパス5号館104室)

 【主な利用用途】EMC計測(電磁妨害波を受けても正常に動作するかの確認試験等)

[+dr.alt+]

マイクロ波電波暗室(日野キャンパス2号館地下1階B03倉庫)

 【主な利用用途】開発中の無線機器(アンテナや受信機等)を用いた各種測定

 

 また、2021年8月23日に、日野キャンパスにおいて電波暗室の説明会を行い、教職員及び学生が参加しました。

[+dr.alt+]

 今後、この環境を活用した研究や実証実験の促進を図り、「スマート東京」の推進につなげていきます。

関連記事

2021.08.10
【報道発表】東京都立大学において、ローカル5G環境活用実証フィールド提供事業の公募を開始~日本最大級のローカル5G環境下で新たな5Gのユースケース創出へ~ 別ウィンドウ

2021.03.29
国内最大規模となるローカル5G無線局の免許状交付式が行われました 別ウィンドウ

2021.03.16
オンラインシンポジウム「東京都立大学発『スマート東京』キックオフミーティング」を開催しました 別ウィンドウ

2020.12.25
【報道発表】東京都立大学において、ローカル5G事業を開始~日本最大級の規模で環境を整備し、最先端研究をスタート~ 別ウィンドウ

ページトップへ