本文へ移動します

高大連携室ではオンライン個別相談に対応しています。

高大連携室では、大学での学び・文理選択・進路選択・高校での勉強などに大学院生スタッフがお答えする「オンライン個別相談」を行っています。今回は、高大連携室 大学院生スタッフの博士前期課程2年 竹原風太さん(理学研究科 数理科学専攻)に個別相談の様子について話を伺いました。

竹原風太さん
大学院生スタッフ 竹原風太さん

高大連携室
アドミッション・センター高大連携室
Q オンライン個別相談はどのような流れで行われるのですか?

ご予約いただいた高校生には、事前にオンライン会議のURLをメールでお送りしています。私達は開始10分程前から、オンライン会議を開いて待っています。まず、個別相談にあたっての注意事項と私の自己紹介から始めて、相談に移ります。相談時間は20分程度です。

Q どのような相談が多いのですか?

本学の学部・学科で学べることについて、大学生活について、受験勉強など、内容は多岐に渡ります。「サークルと部活は何が違うの?」「大学は楽しいですか?」といった質問もあります。

Q 相談を受けるときに心がけていることはありますか?

相談には、大学案内に書かれているような言葉ではなく、なるべく自分の言葉にして答えるようにしています。また、高校生の皆さんが緊張しないよう、畏まりすぎないようにしています。オンラインでは、対面よりも言葉が伝わりづらいこともあるので、使う言葉やしゃべり方にも注意しています。

Q 高校生・保護者の方にメッセージをお願いします。

高大連携室では、都立大への進学だけでなく、大学へ行くこと、進路について考える方の相談に応じています。特別な準備などは必要ありませんので、どうぞお気軽に高大連携室をご利用ください。お待ちしています。

―今回、オンライン相談をした高校生にも感想を聞きました。

通学圏内の大学ということで、都立大への進学について質問しようとオンライン相談に参加しました。スタッフの方がハキハキと答えてくれたので、わかりやすかったです。相談したかったことが、すべて訊くことができました。(高校2年生)

関連リンク

アドミッション・センター高大連携室 ホームページ 外部リンク

高大連携室オリジナル動画 外部リンク
※高大連携室スタッフが大学で実際に学んだ/教えた経験をもとに、コロナ禍で外出できない期間にスタッフが制作した動画を期間限定で公開しています

ページトップへ