本文へ移動します

都市環境科学研究科建築学域の小泉雅生研究室と一ノ瀬雅之研究室らが、チームとして「エネマネハウス2017」に出展します

エネマネハウスの概要

“エネマネハウス”は、大学と民間企業等の連携により、先進的な技術や新たな住まい方を提案するZEH(※1)のモデル住宅を実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行うプロジェクトです。
これまでに、2014年1月 東京ビッグサイト東雲臨時駐車場にて第1回となるエネマネハウス2014を、2015年10月横浜みなとみらいにて第2回 エネマネハウス2015を開催してきました。今回は大阪駅前・うめきた2期区域に場所を移し、第3回目の開催となります。
(※1)ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(年間での一次エネルギー消費量が正味ゼロの住宅)

2017年度のテーマ
“LIFE DESIGN INNOVATION” ~住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する~

本格的な少子高齢社会、人口減少社会の到来、環境制約のより一層の高まり、居住ニーズの多様化・高度化などの課題に対応して、快適・健康・省エネで、自然環境豊かな生活や、それを支える低炭素でレジリエントな社会システムを実現するため、建築デザイン手法やIoT、ビッグデータ等の先端技術の活用により、新しいライフスタイルや製品・サービスを提案し、住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する。

チーム紹介

首都大学東京ZEH villageプロジェクトは、都市環境科学研究科建築学域の小泉雅生研究室と一ノ瀬雅之研究室に、猪熊純助教、熊倉永子助教、山本至特任助教が加わったチームで進めています。
意匠系の小泉研究室が建築計画とデザイン、図面作成を担当し、建築設備系の一ノ瀬研究室がエネルギー消費量計算やシミュレーションを担当しており、プロジェクトの成功に向けて、研究室のメンバーや先生、各協力企業の方々らが力を合わせて取り組んでいます。

エネマネハウスの詳細
開催日時:2017年12月2日(土)~17日(日)
一般公開時間:10:00~16:30
(※12/2、12/16は13:30~16:30、12/17は10:00~14:00)
開催場所:うめきたサザンパーク(うめきた2期B区域)
参加大学:首都大学東京、京都大学、近畿大学、武庫川女子大学大学院、早稲田大学・芝浦工業大学
主催:エネマネハウス2017事務局 共催:大阪市

詳細はこちら
https://www.enemanehouse.jp/ 外部リンク

首都大学東京の紹介ページはこちら
https://www.enemanehouse.jp/college/tokyo_metropolitan/ 外部リンク

チラシはこちら (648KB)Adobe PDF
ページトップへ