本文へ移動します

首都大学東京「コミュニケーションマーク」を作成

~学生、教職員とともに、学内外での広報に積極的に展開します。~

学内外のコミュニケーションを図る象徴となる、首都大学東京の「コミュニケーションマーク」を作成しましたので、お知らせいたします。
世界が大きな転換期にある中で、大都市東京が果たす役割を、学問の力で解決していくことを目指す首都大学東京について、その様子を象徴的に表現し、学内外を問わず広く知っていただくために作成したものです。
学内外のブランディングやアートデザインの専門家の協力のもと、学生、教職員の意見を聞きながら作成を進めてきました。また、決定したマークを広く学内外に周知するために、学生がプロのデザイナーと議論しながら、グッズサンプルの企画、制作を行ってきました。
平成30年4月には「学部・学科等の再編成」を行うなど、次なる飛躍を目指す首都大学東京は、学問の力で東京を、さらには世界を豊かにする教育研究を実践していきます。

決定した「コミュニケーションマーク」

コンセプト:自発の心が未来を拓く

「Tokyo Metropolitan University」の「T」と上向きの「矢印」を、大学らしい伝統や格式を感じさせる図形に組み込み合わせたマークです。
上向きの矢印は、主体性を持って活動する学生、高い研究力と教育力を持つ教員、大学の基盤を支える職員、それぞれの「自発の心」を表現しています。また矢印を構成している2つの青は、学生同士や教職員同士、あるいは学生と教職員の関係を表しており、互いに近い距離で高め合うことが、独自の教育の質に結びついていることを意味します。

今後の展開

写真1  写真2
様々な場面での利用
  • 今後は、大学が発行する大学案内などの各種刊行物、名刺や封筒、公式ホームページやSNSなどで 積極的に使用します。
  • マークを活用した各種グッズについて、学生や教職員の意見を取り入れながら検討を進めます。
  • パーカー、Tシャツ、トートバッグといったグッズサンプルの企画・制作・撮影において、学生の皆さんに積極的に協力いただきました(写真上:検討の様子や撮影風景)。
【問合せ先】
公立大学法人首都大学東京 経営企画室 広報担当 TEL:03-5990-5385
ページトップへ