本文へ移動します

映画サークルKINOがオムニバス映画「突然失礼致します!」に作品を出品しました。

オムニバス長編映画『突然失礼致します!』は、群馬大学の熊谷宏彰さんが、日本全国の映像サークル・学生団体に声かけをして制作されました。熊谷さんが声かけの際に最初発する言葉「突然失礼致します!」が、タイトルとなりました。

この取り組みは7月、内閣官房「beyond2020プログラム」の認証を受けるとともに、各種メディアにも取り上げられ、注目を集めています。

映画サークルKINOからの参加作品
「1000」

監督・出演:田巻 (田巻 圭登 人文社会学部人文学科1年)

「距離と表示についての考察」

監督:前田甲殻類(人文社会学部人文学科1年)
出演: 高嵜 大(人文社会学部人間社会学科 3年)、琢磨 恭子(経済経営学部経済経営学科 3年)、中野 日香理(理学部生命科学科 3年)

監督からのコメント
田巻圭登(監督)
田巻圭登(監督)

今回の企画では「希望」をテーマに1分間の映像を2本制作しました。3時間を超える長編オムニバス映画のわずか1分間でも私たちに伝えられる想いがあると信じ、出品を決めました。
「1000」は「希望」の時間的普遍性をテーマにしたコラージュ形式の作品です。映像内のいくつかの問いとその応答に注目して頂きたいです。
「距離と表示についての考察」では自粛生活を送る4人の男女のオンラインでの会話を舞台にインターネットの身体的、時間的距離をテーマにしています。4人の会話内の一つ一つの言葉のニュアンスが見どころです。現在、YOUTUBE上で全作品公開されています(10月31日まで)ので、興味があれば是非見てください。

映画サークルKINO

映画サークルKINOは映画を鑑賞・制作するサークルです。部室にはスクリーンとスピーカーがあり、映画を観る環境は整っています。映画を撮る機材も整っています。ぜひ気になる方はTwitterアカウントの方から連絡してください!(代表 根城 遼)

関連リンク

『突然失礼致します!』公式ホームページ 外部リンク

ページトップへ