本文へ移動します

ミニ講義 ― 東京都立大学の「学び」を体験!
森本 脩平 准教授

森本 脩平 准教授
H30再編後の所属
経済経営学部 経済経営学科
経済学コース・経営学コース
森本 脩平 准教授 【教員紹介】
キーワード:
組み合わせ(マッチング),制度,入札

よりよいマッチングを考える

イメージ1
安定マッチングとは

社員の部署配属を決めるような場面を考えてみましょう。社員はどの部署により行きたいか、部署もどの社員により来てほしいかの希望を持っています。ここでは、社員はどこかの部署には配属されたい、部署も定員が許す限りはどの社員でも受け入れたいと思っているとして、このような状況で社員と部署のマッチング(配属先の組み合わせ)について考えてみましょう。
マッチングによっては、次のようなことが起こっているかもしれません。ある社員は配属された部署よりもほかに行きたい部署があり、さらにその部署にも欠員がある、あるいはその部署には欠員はないが、そこに配属されたほかの社員とその社員を入れ替えたいとその部署も思っている。こうしたことが起こらないマッチングを安定マッチングといいます。

安定マッチングを実現する方式

次の方式で配属先を決めると安定マッチングの一つを実現できることが知られています。まず、各社員が第1希望の部署に応募します。各部署は、応募者のうち上位から定員まで(応募者が定員に満たない場合は、すべて)の社員を仮配属として受け入れ、それ以外の社員を断ります。次に、断られた社員のみ第2希望の部署に応募します。各部署は、新たな応募者と前に仮配属とした社員のうち再度上位から定員まで仮配属とする社員を選び直し、それ以外の社員を断ります。新たに応募する社員がいなくなるまでこの手順を繰り返し、最後の時点で仮配属となっている部署を最終的な配属先とします。この方式は受入保留方式と呼ばれています。

よりよい制度を作るために

世の中にはさまざまな制度があり、社会はそれを利用することで動いています。よりよいマッチングの制度を考えることも経済学の重要な研究対象です。マッチング制度の中にもさまざまな方式があり、ある方式が優れているからと言って、ほかの場面でそのまま利用できるとは限りません。そのため、さまざまな実社会の問題への応用をめざして、日々、制度の設計や改善が研究されています。

制度により異なる人々の行動

イメージ2
制度を設計するメカニズムデザイン

経済学には、制度の設計について検討する「メカニズムデザイン」という分野があります。世の中にはさまざまな制度やルールがあり、社会はそれによって動いています。それらの制度をよりよいものにするために、制度の設計、あるいはその改善を検討する分野がメカニズムデザインです。

第1価格オークションでは正直に入札しない?

オークションという取引方法は、古くから存在する制度で、現在もネットオークション、公共事業の競争入札、市場でのせりなど、幅広い分野で活用されています。
オークションには、用途に応じてさまざまな方式があります。第1価格オークションという方式は、一番高い金額で入札した人が商品を落札でき、その額を支払う、というものです。入札額を公開しないオークションの中ではよく知られているものです。この方式では、入札者は、ほかの入札者と入札額の読み合いをして、2番目に高い入札額にできるだけ近い金額で落札しようと考えるため、本当に自分がその商品を評価する額で入札するとは限りません。

正直に入札できる第2価格オークション

第2価格オークションという方式は、最高額で入札した人が落札するという点は第1価格オークションと同じですが、2番目に高い入札額を支払う、というものです。この方式では、入札者間で読み合いをする必要はなく、ほかの入札者の入札額がいくらであっても、どの入札者も自分がその商品を評価する額をそのまま入札すればよい(自分の評価額と異なる金額で入札を行っても得することはない)ということが知られています。
このように制度が変われば、それに関わる人々の行動も変わります。また、それにより実現する結果も制度により異なったものになります。メカニズムデザインでは、さまざまな制度の下でそれらの検証を行い、どのような制度を用いるのがより望ましいかの検討を行っています。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

ミクロ経済学をはじめ、経済学では数式などを使ったモデルを用いて分析をする機会が多くあります。経済学にそのようなアプローチの仕方があることを知らない人も多いのではないでしょうか。
たとえ経済学を専攻しないとしても、数式などを使って社会を考察することに関心があるなら、経済学の本を読んだり、調べたりしてみると、あなたの視野がもっと広がるかもしれません。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ