本文へ移動します

岡村 郁子

氏 名岡村 郁子オカムラ イクコおかむら いくこ
職 位准教授
所 属首都大学東京国際センター
 
専門・研究分野異文化間教育学・心理学、日本語教育学
最終学歴・学位お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科博士後期課程
博士(人文科学)
研究テーマ帰国生・在外日本人児童生徒教育、在日外国人教育、異文化体験のキャリアとしての活用
研究キーワード帰国生受入れ、帰国生の特性およびその活用、異文化体験とキャリア
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【主な研究論文】
1.「日本における台湾出身者の日本イメージ―日本語上級話者を対象に―」『人文科学研究』第11号 2015年3月
2.「海外経験によって得られた帰国高校生の特性とその関連要因―属性と家庭および在籍校によるサポートとの関連から―」」単著『異文化間教育』第38号 異文化間教育学会 2013年6月
3.「帰国高校生の「帰国経験を活かす」ことに対する意識とその関連要因―キャリアとしての帰国経験の検討―」単著『人文科学研究』第9号 2013年3月
4.「「帰国生クラス」に対する帰国生の意識の分析―受け入れ形態の差異に着目して―」単著『言語文化と日本語教育』第42号 日本言語文化学研究会 2011年12月 pp.21-30
5.「「帰国体験を活かす」ことに対する意識とその形成要因について-帰国体験をもつ大学生へのインタビュー調査の分析から-」単著『国際教育評論』第8号 東京学芸大学国際教育センター 2011年6月 pp27-43
6.「帰国生の受け入れクラスに対する意識-受け入れ形態の差異に着目して」単著『異文化間教育』第28号 アカデミア出版会 2008年6月 
pp.100-113
7.「西ドイツにおける教員試補制度--研修カリキュラムにみる理論と実践との統合」単著『日本比較教育学会紀要』第12号 日本比較教育学会 
1986年3月 pp.57-66
【著書】
1.「多文化共生論―多様性理解のためのヒントとレッスン」共著  加賀美常美代編著、明石書店第13章 2013年7月 pp.290-312
2.「西ドイツにおける事実教授の教科書分析」共著 教科書研究センター編、天野正治他著、ぎょうせい 1987年7月 pp.213-220
【科研等報告書】
1.「帰国児童・生徒教育に関する総合的な調査研究」佐藤郡衛・稲田素子・岡村 郁子・小澤理恵子・渋谷真樹『海外子女教育振興財団 帰国児童・生徒の調査研究会報告書』海外子女教育振興財団、2012年3月
2.「共生日本語教育実習で実習生は何を経験するのか」清水寿子・岡村郁子・古市由美子、『多言語多文化社会を切り開く日本語教育と教員養成に関する研究』平成18年度科学研究費補助金研究基盤研究B-2研究成果報告書、研究代表者:岡崎眸、2006年3月 pp.220-229
3.『多言語多文化社会を切り開く日本語教育と教員養成に関する研究』平成17年度科学研究費補助金研究基盤研究B-2研究成果報告書、研究代表者:岡崎眸、2006年3月 pp.1-27(うち約15ページ分担当)
【雑誌等】
1.「事例紹介:首都大学東京における海外留学促進の取組み」小柳志津・岡村郁子、ウェブマガジン『留学交流』vol.34、2014年1月号
【書評】
1.額賀美沙子著「越境する日本人家族と教育 ―「グローバル型能力」育成の葛藤―」『異文化間教育』第39号 異文化間教育学会 2014年3月
【翻訳】
1.「質的研究実践ガイド-保健医療サービス向上のために- 第2版」 第8章・12章、キャサリン・ポープ、ニコラス・メイズ編集、大滝純司監訳 医学書院 2008年4月 pp.81-95、pp.121-129
受 賞
主な学会活動異文化間教育学会(常任理事・副事務局長、第42回大会事務局長)
日本言語文化学研究会(運営委員、紀要査読委員)
日本コミュニティ心理学会(第9回大会運営委員)
日本語教育学会
多文化関係学会
全国海外子女教育研究会
異文化コミュニケーション学会
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会
社会等との関わり中野区立第3中学校帰国児童生徒学習サポートスタッフとしての活動
帰国生母の会フレンズでの活動
中野区立第3中学校、お茶の水女子大学附属中学校教員研修での講義
総務省「グローバル人材育成に資する海外子女・帰国子女等教育の実態調査」への協力
個人のURL
担当科目
  • 比較言語文化論
  • 比較言語文化論研究演習
  • 比較言語文化論特論演習
  • Foundation Seminar
  • Globalization and Japan
オフィスアワー
研究室国際交流会館204
内線番号内線5744
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ