本文へ移動します

市古 太郎

氏 名市古 太郎イチコ タロウいちこ たろう
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 建築都市コース
都市環境科学研究科 都市システム科学域
 
専門・研究分野都市計画・まちづくり
都市防災・災害復興
最終学歴・学位東京都立大学 博士(都市科学)
研究テーマ国内外の地震災害からの震災復興プロセスと防災戦略(ネパール,トルコ,台湾,インドネシア,日本)
東日本大震災からの復興まちづくり
事前復興まちづくり
子どもの安全・安心に関する社会学習プログラム
研究キーワード自然災害,復興,防災まちづくり
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1)Taro ICHIKO(2012)Ten Years of Pre-Disaster Community Development for Post-Disaster Recovery in Tokyo, Journal of Disaster Research, Vol.7 No.3, pp.215-226
2)市古太郎,磯打千雅子,土屋依子,村上正浩(2011)「自主防災組織の活動特性を踏まえた連携実績と連携ニーズに関する調査-東京都町田市を対象に-」,地域安全学会論文集No.13,pp.405-414
3)Taro ICHIKO, Jin Yoshikawai and Itsuki Nakabayashi (2011)Pre-disaster planning for post-disaster recovery in Tokyo - Case study in Nerima Wards -,11th International Congress of Asian Planning Schools Association,E-6-1
4)市古太郎,長谷川庄司,中林一樹(2010)「2009年スマトラ島西部地震における住宅再建支援スキームと発災半年時点における再建始動状況」,建築学会住宅系研究報告会論文集No.5,pp.189-194
5)市古太郎,木村美瑛子,加藤孝明,石川金治,中林一樹(2010)「荒川下流左岸地域におけるハザードマップ認知と広域避難率の向上に関する研究」,日本都市計画学会学術研究論文集45,pp.289-294
6)市古太郎(2009)「多摩ニュータウン南大沢地区M団地における安全安心への取組みと犯罪不安感に関する事例研究」,建築学会住宅系研究報告会論文集No.4,pp.43-50
7)市古太郎,澤田雅浩,池田浩敬,中林一樹(2009)「トルコ・マルマラ地震被災都市アダパザルにおける減築型市街地再建遷移に関する研究」,地域安全学会論文集No.11,pp.319-328
8)市古太郎,中林一樹(2009)「Outcome-Sequenceチャートを用いた事前復興対策としての東京都市復興図上訓練の考察」,日本都市計画学会学術研究論文集44,pp.289-294
9)市古太郎,饗庭伸,佐藤隆雄,吉川仁,中林一樹(2007)「基礎自治体の計画発意能力向上に着目した都市復興図上訓練手法の改善と評価に関する研究ー2006年度東京都都市復興図上訓練を通してー」,日本都市計画学会学術研究論文集42,pp.607-612
10)市古太郎,饗庭伸,佐藤隆雄,中林一樹(2006)「事前復興対策としての都市復興図上訓練の現状と考察ー8回目を迎えた東京区市行政職員向け都市復興図上訓練からー」,日本都市計画学会学術研究論文集41,pp.701-706
11)市古太郎,饗庭伸,吉川仁,中林一樹,高見澤邦郎(2005)「震災復興まちづくり模擬訓練による地域協働型事前復興準備の可能性ー新小岩地区における実践と参加者調査からー」,地域安全学会論文集No.7,pp.385-394
12)Taro ICHIKO, Shin AIBA, Jin YOSHIKAWA, Itsuki NAKABAYASHI and Kunio TAKAMIZAWA, The Neghiborfood Community-training Program for Post-disaster Recovery: Toward Preparing Community-based Recovery Management, Journal of Natural Disaster Science, Volume 27, Number 2, 2005, pp25-39
13)市古太郎(2004)「法線走査法による建物隣接空地の定量化─空地の直和分解モデルとその実装─」日本都市計画学会学術研究論文集39,pp.679-684
14)市古太郎,小野田知美,村上大和,饗庭伸,吉川仁,中林一樹(2004)「事前復興論に基づく震災復興まちづくり模擬訓練の設計と試行」,地域安全学会論文集No.6,pp.357-366
15)市古太郎,権昌希(2002)「既成市街地における建築物の『近接性』の定量化に関する研究?世田谷区太子堂地区を対象に?」日本都市計画学会学術研究論文集37,pp.7-12
16)Taro ICHIKO and Itsuki NAKABAYASHI, A Comparative study of Built-up Area Reconstruction Measure and Strategy among Earthquake Disasters of Hanshin Awaji (Japan), East Marmara(Turkey) and 921 Chi-chi (Taiwan), Proceedings of International Symposiumn on Urban Planning, B2-3-1, Taipei Taiwan, 2002.
17)市古太郎、植松弘幸、長野隆人、金子慎太郎、伊東 孝(2001)「近世広島県鞆港の港湾整備と施設群の現存状況に関する研究」土木史研究21、pp.25-36
18)市古太郎、中林一樹、玉川英則(2000)「1996年用途地域見直し時の土地利用実態からみた新制度運用の特性ー1996年GISデータによる都内4区の分析」都市計画223、pp.57-65
19)市古太郎、中林一樹、玉川英則(1999)「土地利用変容のGIS分析からみた東京区部西部における1996年用途地域指定替えの実態に関する研究」日本都市計画学会学術講演論文集No.34、pp.853-858
20)市古太郎、高見澤邦郎、中林一樹、玉川英則(1996)「改正用途地域制度による住居系市街地の規制強化型見直しの実態に関する研究」日本都市計画学会学術講演論文集No.31、pp.505-510
21)市古太郎、高見澤邦郎、中林一樹、栗村一彰(1995)「細分化された住居系用途地域の指定実態」日本都市計画学会学術論文集No.30、pp.49-53
受 賞日本都市計画学会 論文奨励賞(2010年)
地域安全学会論文奨励賞(2005年)
首都大学東京都市環境学部 リーディング・サイエンティスト受賞(2008年)
主な学会活動日本建築学会 住まい・まちづくり支援建築会議 復興住まい・まちづくり部会 部会委員(2013.4-)
日本建築学会 地域防災・都市復興小委員会(2013.4-)
地域安全学会 理事(2012年度-)
地域安全学会 学術委員会委員(2011-15年度)
日本地震工学会 津波等の突発大災害からの避難の課題と対策に関する研究委員会 委員(2012.7-)
土木学会地震工学委員会 市民の視点で地震防災を考える小委員会 副委員長(2008.1.-)
地域安全学会企画調査委員会 防犯まちづくりに関する社会動向に関する調査研究(2008.4-)
社会等との関わり東京都防災都市づくり推進計画策定委員会 専門委員(2014年5月〜)
伊豆大島台風26号復興計画策定委員会 委員(2014/2月〜9月)
調布市住宅マスタープラン策定委員会 委員(2013-14年度)
町田市都市計画審議会 学識委員(2012-13年度)
稲城市都市計画審議会 学識委員(2012-13年度)
都立永山高校 防災教育推進委員会委員(2012年度)
東京都 地域危険度測定調査委員会 委員(2010-2012年度)
町田市 下水道総合計画の策定に係る懇談会 委員(2010-2011年度)
戸田市 都市防災基本計画策定委員会 副座長(2010-2011年度)
葛飾区 大規模水害対策等検討委員会 委員(2010-2011年度)
立川市住宅マスタープラン策定委員会 委員(2010年度)
個人のURL
担当科目
  • 都市空間と人間
  • 都市防災計画
  • 都市空間計画特論
  • 都市空間計画演習
  • 都市空間論特論
  • 都市自然環境論特論
  • 都市生活環境論演習
  • 都市空間計画特殊研究A
  • 都市空間計画特殊研究B
  • 都市空間計画特殊研究C
  • 都市空間計画特殊研究D
  • 都市空間計画特殊研究E
  • 都市空間計画特殊研究F
  • 都市空間と人間
オフィスアワー月、火14:00-17:00
研究室9号館553号室
内線番号内線4272
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ