本文へ移動します

川原 晋 教授

川原 晋 准教授

都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
川原 晋 教授

キーワード:
観光, まちづくり, 祭り,都市,町工場

地域の魅力を発掘して、人・モノの出会いを生み出す観光へ!

イメージ1
「観光まちづくり」とは?

近年、日本は観光を成長分野のひとつと定め、温泉地などの観光地だけでなく、さまざまな地域が観光に取り組んでいます。その担い手は、観光事業者や行政だけでなく、地域に住む人、農業や工業などで働く人まで広がっています。自分たちの地域の魅力や資源を広く地域内外の人に伝えることで地域に訪れてもらい、観光客との交流や継続的な関わりを生み出して、地域の産業やコミュニティの活性化をめざしています。これを「観光まちづくり」と呼んでいます。

地域資源を観光対象にする仕掛けは無限大!

観光に取り組むとは、有名な観光スポットをめぐるツアーをつくったり、ゆるキャラでPRしたりするだけではありません。例えば、美しい滝があってもそこに行けなければ観光ができません。ウェブページで見られること以上の特別の体験や感動がなければ、わざわざ訪れたいと思いません。観光の取り組みは、地域の魅力資源を観光対象にするためのハード面の環境整備から、魅力の伝え方や誘客というソフト面の仕掛けまで幅広いのです。都市計画・地域づくりのさまざまな分野の方法が必要ですし、学生のアイデアが新しい観光を切り開くこともできます。

産業観光:町工場も魅力的な観光対象になる

東京都大田区には、住宅と一緒に中小工場がたくさんあります。この地域のほとんどの工場は、最終製品の一部になる金属やプラスチック製の部品を製造しており、一般消費者は取引相手ではありません。ですから、観光客を受け入れるメリットはなく、仕事の障害であると考えられていました。しかし、大学と観光協会が企画して、一定地域内の工場を一日だけ一度に公開し、観光客が複数の工場を自由に見学や加工体験をして回れるオープンファクトリーというイベントを開催したところ、多くの人が訪れました。数年継続した結果、工場は地域の人にとって迷惑施設から誇るべき存在になり、消費者向け製品をつくる企画も進んでいます。観光は、観光客を集めるだけでなく、地域の産業を活性化する可能性も持っているのです。

「祭り」から発想して、豊かな都市づくり、景観づくりをめざす!

イメージ1
旅行者をもてなせる公共の場をつくりたい

観光は、旅行者にとっては日常とは少し離れた国・地域の「光(資源)を観て」、気持ちをリフレッシュしたり、新しいきっかけが得られる体験です。ですから、旅行者が必ず通るような駅前広場やメインストリートなどの公共空間は、旅行者を心地良く楽しませる場、もてなせる場でありたいのです。そうした都市空間づくりのヒントを得るために「祭り」が注目されています。日本の祭りの多くは、神輿(みこし)や山車(だし)、踊り手が町なかを巡ります。その動きや独特のパフォーマンスの「見せ場」となる場所はどこかを調べると、地域の人が大事にしてきた町の場所がわかったり、特徴的な地形、広場、交差点、景観が生かされているのがわかるのです。みんなが町の屋外を楽しむ瞬間がそこにあります。

舞台としての都市空間:観光客のための環境整備

観光資源として祭りを活用するところが増えてきましたが、もともとは地域住民のためのイベントですから、観光客のことはあまり考えられていませんでした。観光客の行動を調べると「もっと町がこうなったら祭りがより楽しめるのに」というところがたくさんあります。数十万人の観光客が訪れる祭りでは、「見せ場」近くの沿道建物の2階が観客席になったり、段々畑がスタジアムのようになったり、多くの工夫があります。演劇の舞台のように、ステージと観客席、楽屋の役割を意識した都市空間づくりの方法論も提案されています。

写真に撮りたい景観づくり

Facebook、LINEなどのSNSによる情報発信が盛んになった今、美しい写真を撮れる環境が整えば、撮影者が喜ぶだけでなく、その写真をきっかけに訪れる人が増えることも期待できます。そこで、観光客が撮影した祭りの写真を収集して分析すると、祭りの「見せ場」の撮影に多くの人が選ぶ撮影場所や背景がわかりました。こうした場所を居心地良く整備したり、みんなで協力して背景となる町並みや自然の景観を良くしたりすることで、祭りも町のコミュニティも豊かになるのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私は地域の人たちが中心になって町をよくしていこうという「まちづくり」をベースにした観光に取り組んでいます。実際に学生と現地で調査したり町の人と相談したりしながら、歴史的な建造物や文化的資源をどう残し活用していくか、あるいは地域の農林水産業や商業をどう発展させていくかを、「観光」を使ってできないか研究しています。こうした観光には新しい発想が必要ですが、すでに各地でさまざまなチャレンジが行われています。ぜひ積極的にいろいろな所に行ってみてください! きっと、あなた自身の観光体験が将来役立つでしょう。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ