本文へ移動します

タイ・バンコクで開催された国際会議でチュラロンコン大学と合同シンポジウムを開催しました。

The 1st CU-TMU Symposium in Advanced Chemistry and Materials

タイ・バンコクで開催されたPACCON2016(Pure and Applied Chemistry International Conference 2016) においてチュラロンコン大学(CU)の理学部化学科及び物質科学科、石油・石油化学院と合同で シンポジウムを開催しました(講演・口頭発表10件、及びポスター発表)。 本学からは化学コースや金の化学研究センター、分子応用化学コースから教員・学生が発表を行いました。 会議全体では約800件の発表があり、当日の会場では熱心・活発な議論がなされました。 両大学の教員・学生間の交流、のみならず今後の連携強化へ向けたよい機会となりました。

なお、本合同シンポジウムはCUの理学部化学科及び高度研究プログラム“高性能分子触媒が先導する 環境低負荷型の革新的化学技術の創製”(代表 理工学研究科分子物質化学専攻 野村琴広)が中心 となって企画・開催したものです。

開会の挨拶
開会の様子
記念撮影
記念撮影
ページトップへ