教員紹介参照<参照>

令和05年度 取組状況
所属 理学部 物理学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 教授
氏 名 森 弘之

取組状況
教 育 【授業担当】学部科目:熱・統計力学I,II、大学院科目:科学英語特論
【研究指導】卒研生1名、大学院生3名
研 究 量子力学的粒子系の相転移現象を機械学習の画像認識を用いて解析する研究を行った。従来のモンテカルロシミュレーションで得られる世界線を画像としてとらえ、具体的な物理量の計算を経ずに相分類する手法を開発した。従来手法では、得られた世界線に基づいて相転移の検出に必要と思われる物理量を計算することで転移点などの情報を得ていたが、新しい手法ではそのような物理量の検討が不要になるという点で優れている。
社会貢献 ・雑誌「新電気」(オーム社)への科学エッセイの連載
・日本物理学会Jr.セッション審査委員
・一般向け物理学解説本(「スタンフォード物理学再入門 特殊相対性理論・古典場の理論」)の翻訳