教員紹介参照<参照>

平成31年度 取組状況
所属 法学部 法学科 法律学コース
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 准教授
氏 名 堤 健智

取組状況
教 育  本年度の担当科目のいずれについても、改正法の成立や新判例の登場といった比較的激しい動きがあった中、基礎からこれら新たな状況まで網羅する授業を提供したという点で、一定の成功を収めた。また、大学院向け演習では、少数の学生に対し複数の教員が密度の高い指導を行うことで、問題を生じぬよう教員間で相互チェックするとともに、物事に対し多様な見方がありうることを現に示すことができた。
研 究  法改正に関するフォローアップについては、特に教育においても関係する部分については一定の成果を上げ、授業等を通じてフィードバックできたものと考えている。このほか、近年の重要判例等についても引き続き分析を進めるなどした。ただし、これを具体的に公表することは次年度以降の課題となった。
社会貢献 引き続き日本私法学会会員として大会等に参加した。