教員紹介参照<参照>

平成30年度 取組状況
所属 人文社会学部 人間社会学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 准教授
氏 名 山際 勇一郎

取組状況
教 育 担当科目
心理学方法論(2018年度より科目名変更:心理学研究法),社会心理学特殊講義,社会心理学演習,社会心理学,心理学概論Ⅰ,(2018年度より科目名変更:心理学基礎演習Ⅰ),心理学方法論演習Ⅰ,心理学方法論演習Ⅱ,心理学方法論演習Ⅲ,卒業論文,社会心理学研究演習第2,修士論文指導,博士論文指導
研 究 [論 文]
山際勇一郎 2018 父親の養育不安について-テキスト型データの解析から- 首都大学東京人文学報 514-4,11-16.
梅崎高行・高向山・山際勇一郎・青柳肇 2018 貧困のサインをめぐる保育者の語り:サインの相互関係を示す概念図の提案 甲南女子大学研究紀要,人間科学編 54, 43-58.
Gao, X., Kominato, M., Umezaki, T., Yamagiwa, Y., Aoyagi, H., & Otomo, M. 2018 Development of Scales for Measuring the In-person Growth of Young Children in Japan, China and Korea. European Journal of Sustainable Development. 7(3), 396-402.
[学会発表]
山際勇一郎・小湊真衣・高向山・梅崎高・玄正煥 2017 保護者と保育者による子どもの発達評定の差異に関する文化比較 日本教育心理学会第59回総会(PA01-83)
高向山・若尾良徳・ 梅崎高行・山際勇一郎 2017 幼稚園連絡帳にみる家庭との関係構築のルールについて 日本教育心理学会第59回総会(PA01-46)
梅崎高行・高向山・山際勇一郎・青柳肇 2017 保育所で用いられる貧困のサインに関する探索的研究 日本心理学会第81回大会(3B-068)
Yamagiwa, Y., Roh, Y-J, & Hyun, J-H. 2018 Cross-cultural study on ambivalent sexism between Korean and Japanese university students. 2018 Annual Conference of the Korean Psychological Association. Seoul, South Korea.
高向山・山際勇一郎・梅崎高行・若尾良徳 2018 幼稚園連絡帳における教諭メッセージのテキストマイニング 日本教育心理学会第60回総会発表論文集 462.
[資金獲得状況]
科研費 挑戦的萌芽研究 保育現場と家庭の効果的連携方法の構築―手書き連絡帳と電子連絡帳の比較を通して― 研究分担者
科研費 基盤研究(C)「グローバルとローカルなロゴの認知と感情に基づくルール抽出とデザイン支援」 研究分担者
社会貢献 1.学術団体における活動
日本心理学会,日本社会心理学会,日本行動計量学会,日本教育心理学会,日本発達心理学会,American Psychological Association, Society for Personality and Social Psychology,International Association of Cross-Cultural Psychology
2.国外(韓国)の大学における招待講演