教員紹介参照<参照>

令和03年度 取組状況
所属 健康福祉学部 作業療法学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 助教
氏 名 山西 葉子

取組状況
教 育 学部:主な担当科目は、基礎作業療法学実習、発達障害作業療法学、発達作業療法学演習、総合臨地実習、総合演習Ⅰ・Ⅱを担当.
大学院:児童青年発達期作業療法学特論、演習、ゼミにおいて、話題提供、ディスカッションを行った。留学生、研究員も他国籍、多文化な構成となっており様々な文化的背景を含めた議論をおこなった。
研 究 1. 発達性協調運動症児のタイプ分類と感覚統合療法による介入効果の検証(科研費 若手)
2.認知レベルと対応した認知症アクティビティケア・マトリクスの開発(科研費 基盤C分担)
3.発達障害児支援のための簡易版発達評価・支援ツールの開発(科研費 基盤C分担)にて、データの収集を実施
4. COVOD-19 感染後の職業復帰を果たした人の経験について、カロリンスカ大学と連携しながらデータ収集、および分析を実施(東京都立大学健康福祉学部2021年度傾斜的研究費)
5.DCD児のアセスメントツール開発のための,チェックリストの作成を行い,プレデータの収集.多機関共同研究にて実施中
社会貢献 1.東京都障害者スポーツセンター主催,知的障害児対象のジュニアわくわくスポーツ教室の運営に携わり,スタッフへの活動内容、方法に関するアドバイス及び、当日のスタッフ、参加対象者のサポートの実施。(4回/年)
2.東京都立永福学園外部専門員.月1回の訪問を行い、小学部から高等部の児童生徒の教育に対するアドバイスの実施。
3.荒川区教育センターの巡回指導として区立小学校への訪問指導に従事。(10回/年)
4.尾道市保育連盟0・1部会研修会講師
5.江戸川区篠崎育成室 保護者職員研修講師.
6.福岡県作業療法士学会教育セミナー講演「地域に出よう作業療法士」
7.医療的ケア児のママサークルkokonowa副代表,オンライン交流会の運営