教員紹介参照<参照>

平成30年度 取組状況
所属 健康福祉学部 作業療法学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 准教授
氏 名 谷村 厚子

取組状況
教 育 ・コミュニケーション論(30時間),精神作業療法学(24時間),精神作業療法学演習(10時間),地域作業療法学(15時間)等の授業と分担を学生参加型のわかりやすい指導と資料作成をもって実施した.
・初期臨地実習,総合臨地実習の打合せ会議運営に協力した.
・主担当として地域作業療法学実習の施設確保を行い,打合せ会議を滞りなく運営した.
・臨地実習の訪問を通算10回実施し,適宜電話・メールも用い,熱心に実習生を援助した.
・卒業研究担当学生が,意欲的かつ円滑に取り組めるようその特性に合わせて指導した.
・大学院生の修士研究及び論文が円滑に進むよう指導した.
研 究 【研究実績の概要】
精神保健福祉医療サービス利用者77名を対象とし,5件法のワークライフバランス(WLB)尺度の経時的変化を検討した. Friedman検定と多重比較を実施した結果,WLB尺度の項目3では回を重ねるに従って得点が向上したが,項目19では2回目に得点が向上した後,3回目にはほとんど変化しなかった.以上より,WLB尺度のこれらの項目が対象者の変化を敏感に捉えている可能性が示唆された.
【学会発表】
古御門幸奈,谷村厚子:参加者個人に対する「こころの天気」描画法活用作業療法集団プログラムの影響~プログラム参加経過と作業有能性の変化に着目して~.第28回日本作業行動学会学術集会,2018年6月.
荒木瑞希,谷村厚子:メンタルヘルス領域における一次予防の取り組みの検討〜作業療法の立場から〜.第15回東京都作業療法学会,2018年7月.
一般社団法人東京都作業療法⼠会学術部:東京都作業療法⼠会会員の研究に関する意識調査報告.第15回東京都作業療法学会,2018年7月.
谷村厚子,石井良和:精神保健サービス利用者を対象とした5件法ワークライフバランス尺度の因子妥当性の検討.第52回日本作業療法学会,2018年9月.
古御門幸奈,谷村厚子:精神科デイケア利用者に対する「こころの天気」描画法活用作業療法集団プログラムの検討.第52回日本作業療法学会,2018年9月.
鈴木真,田村大,谷村厚子・他:日本作業療法士協会 事例報告登録制度における公開事例の分析.第52回日本作業療法学会,2018年9月.
田村大,鈴木真,谷村厚子・他:日本作業療法士協会 事例報告登録制度 登録事例に基づく報告者の経験年数の分析.第52回日本作業療法学会,2018年9月.
相原彩香,谷村厚子:脳卒中入院患者の退院後生活の認識に関わる要因とその変容プロセスを検討した1事例.第28回日本保健科学学会学術集会,2018年10月.
荒木瑞希,谷村厚子:勤労者のメンタルヘルスに影響する作業の意味づけの変化の検討.第28回日本保健科学学会学術集会,2018年10月.
武田将,谷村厚子:わが国の虚弱・要支援高齢者の「社会参加」に関連する研究の動向-過去10年間の文献レビューより-.第28回日本保健科学学会学術集会,2018年10月.
嶋﨑寛子,小林法一,谷村厚子・他:東日本大震災後の被災地域に在住する高齢者の生活課題に対するリハビリテーションプログラムの効果.第52回日本作業療法学会,2018年9月.
Shimazkai H, Kobayashi N, Tanimura A, et al.: Effectiveness of occupational therapy program for elderly residents in the reconstructing community after the disaster.World Federation of Occupational Therapists Congress 2018, May 2018.
【論文発表】
谷村厚子:様々な施設でのグループ・アプローチ 作業療法におけるループ・アプローチの実際.カウンセリングワールド第5号:34-36,2018年4月.
馬塲順子,石井良和,谷村厚子・他:精神障害者の就労を継続している状態に関する主観的認識について.職業リハビリテーション:32 (1),12-22,2018年9月.
【研究費】
平成29年度 基盤研究(C)(一般)(課題名:精神障害をもつ当事者対象ワークライフバランス向上プログラム効果評価システムの構築)を継続した.
社会貢献 ・社会福祉法人あゆみ(北区)理事または評議員として理事会または評議委員会に出席した。
・支援センターアゼリアの地域生活支援事業に講師として3ヶ月運営協力できた。
・社団法人日本作業療法士協会学術部学術委員、一般社団法人東京都作業療法士会学術部担当理事として活動に従事した。
・医療法人風鳴会地域生活支援センター サポートセンターきぬたの地域生活支援事業に講師として6ヵ月運営協力できた。