教員紹介参照<参照>

平成30年度 取組状況
所属 健康福祉学部 作業療法学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 准教授
氏 名 井上 薫

取組状況
教 育 主な担当科目は「生活支援機器学演習(学部)」「生活支援機器研究(学部・院)」、「作業生活環境科学特論(院)」「福祉機器関連適用学特論(院)」等であり、福用具関連の講義・演習・研究指導に従事した。例えば、「生活支援機器研究」において、国立障害者リハビリテーションセンター研究所、他大学と連携し、多様な背景をもつ学生たちが障害をもつ対象者のニーズを満たす福祉用具・自助具・道具を製作するという「ニーズアンドアイディアフォーラム(NIF)」の企画・運営に参画した。学生の現地調査、アイディアの検討・実現化を国リハ、他大学教員とともに支援した。その他、「作業療法総合演習Ⅰ・Ⅱ(学部)」において、学生の行動・リーズニングスキルの評価法の開発、運営をメンバーとともに担当した。
大学院については講義、科学域での発表会以外に、個別に研究室ゼミを開催した。院生・研究生だけではなく、大学院入学希望者や他大学、他分野の学生も含めてオープンに実施しており、学際的領域に強い学生の育成を目指した。また、他大学・研究室の見学・交流会、企業訪問や研究所イベントへの参加等の学外ゼミも実施した。系別ゼミ(作業生活科学系研究室合同ゼミ)の運営にも協力、参加した。
大学院では日本人学生指導とともに、「アジアの高度先端医療者育成支援事業」として留学生教育に従事した。福祉用具教育の見直し、強化、国際化を検討し、特に地域住民や福祉用具関連企業と連携し学生教育や研究支援に取り組み、社会とのつながりを重要視した教育プログラムを実践した。
研 究 本年度の研究活動としては、認知症を持つ高齢者に対するロボットの適用および効果、福祉用具の活用に関する基礎研究等に取り組んだ。また、都立荒川高専と連携し、画像分析を活用した認知症の疑いのある高齢者の評価システム開発の研究に従事した。その他大学と連携し、福祉機器開発に従事した。
科学研究費基盤研究(B)「認知症高齢者を対象としたメンタルコミットロボット・パロを活用したケア効果」を始めとした研究費助成を受け、臨床研究に従事した。なお、自己研鑽として、本年度は特に、認知用キャラバンメイトの資格を取得、医学教育に関する学びを深め、岐阜大学医学教育開発研究センターフェローとなった。これらの学びを元に、教育、研究、地域貢献へ活かしていきたい。
社会貢献 <学外>
日本生活支援工学会編集委員ならびに理事、リハビリテーション工学協会代議員、日本保健科学学会編集委員、道具とくらしの研究会編集委員長ならびに事務務局員、東京都作業療法士会福祉用具委員会部員、NPO法人その人を中心としたケアを考える会運営委員、医療福祉系専門職養成教育の指導力スキルアップ研究会副委員長、ぷらねっと(福祉用具プランナーの団体)会員。
・介護保険認定審査委員(荒川区)としての職務に従事
・認知症キャラバンメイトとしての活動(荒川区尾久地域)
・各種講演会活動、TVへの出演、新聞、雑誌等の取材対応等に対応。Financial post、時事通信社向けの新聞記事の取材等
・一部ボランティア団体において、ロボットセラピーを生かした癒し活動の提供(研究成果の還元)

<学内>
①図書委員会部会委員
②学生委員会部会委員
③アジアのアジアの高度先端医療者育成支援事業担当
④国際化ワーキング学科とりまとめ
⑤研究倫理審査委員会部会委員
⑥その他、臨地実習指導、学年副担任等の学科業務に従事