教員紹介参照<参照>

平成31年度 取組状況
所属 健康福祉学部 看護学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 助教
氏 名 前田 耕助

取組状況
教 育 1.看護基礎援助学Ⅱ〜Ⅶの講義、演習の自作動画の導入
基本的看護技術を実施できる能力の育成を目的に、講義、演習を録画、編集した自作動画を復習教材として導入した。
自作動画はe-learningシステムならびにiPadを活用し、自宅でも視聴できる環境を整えたことで、学習の動機付けや自己教育力の育成に繋げた。
2.看護基礎援助学Ⅶに採血演習の導入
学生の希望により、春季休暇中に学生同士による採血演習を導入した。
約40名の学生が参加し、看護への興味や関心に繋がった。
研 究 1.温度を活用した看護技術に関する研究
意識状態の低下や傾眠を改善できる看護技術の開発を目指し,日常の生活に存在する温度や普段から看護師が用いることの多い温度が,脳の活動に及ぼす影響について検証している。
・科学研究費 若手研究(B)(課題番号:16K20719):脳血流動態を効果指標とした温度を活用した看護援助の開発.研究代表者:前田耕助.
・前田耕助、柏木聖代、大河原知嘉子、習田明裕(2020):Effects of warm footbath on cerebral activity in the prefrontal cortex,お茶の水看護学雑誌,14(1/2),1-14.
・小野里佳菜、前田耕助:覚醒作用のあるアロマオイル使用後の自律神経活動と気分の変化,日本保健科学学会誌(受理済み).
・前田耕助、加藤智史、大庭貴子、 柏木聖代、大河原知嘉子、習田明裕(2019):温湯による足浴がもたらす 脳活動への効果, 日本看護科学学会.
2.自作動画を用いた振り返り学習法に関する研究
e-learningシステムを活用した教育プログラムを開発している。
社会貢献 1.東京都立東部療育センターの研究指導
東京都立東部療育センターの研究指導(院内研修)の講師として、療育センターに従事しているスタッフ(看護師、保育士、児童指導員)の研究活動(研究計画書、倫理審査、データ収集、データ分析、論文執筆、発表)ならびに研究成果を臨床応用できるよう支援を行った。
2.学会での発表や意見交換
学会やセミナーに参加した臨床の看護師や大学、専門学校等の教員と質の高い看護の提供方法およびそのエビデンスの探究に関する意見交換を行った。
3.実習指導に関する相談
実習施設の実習指導者と実習指導に関する意見交換や相談を行った。学生に関する情報共有や教員との連携を強めることで、不安の解消および学生教育の向上に繋げた。