教員紹介参照<参照>

平成30年度 取組状況
所属 システムデザイン学部 機械システム工学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 准教授
氏 名 角田 直人

取組状況
教 育 ・授業科目として,学部では熱力学第一,熱力学第二,伝熱工学,大学院では生体熱物質輸送特論を担当した.分担する授業・実習科目として,学部では「生体機械概論」,大学院では「研究プロジェクト演習」を担当した.
・各授業における休講は0回もしくは1回であり,補講も活用し計画通りの内容を講義した.
・シラバスに沿った適切な授業計画を立て,板書に加えてスライドを使用した解説や関連資料を配るなどの創意工夫を加え,最新の研究動向も踏まえた授業を行った.
・学部授業では期末試験以外に中間小テストを実施し,詳細な解説を行うことで学生の理解が深まるように工夫した.
・授業に関する学生の質問および学修相談を受け付け対応した.中間試験解答の解説と試験範囲の確認に関する内容が多かった.
・学部4年生4名の卒業研究指導を行った.全員が短期間ながら目標を上回る成果を挙げ,年度末に開催された日本機械学会関東支部学生発表会で研究成果を口頭発表した.
・大学院博士前期課程2年生4名の修士論文研究指導を行った.研究姿勢と達成度は極めて優れ,当該学生自身が国際会議発表2件を含む計11回の学会発表を行った.
・大学院博士後期課程に在籍する留学生1名の指導を行った.
・修士学位審査の主査4件,副査7件を行った.
研 究 ・「近赤外温度イメージング法によるマイクロ化学チップ内の発熱反応測定」,「マイクログローコロナによる発光分光分析」,「近赤外分光法に基づく顕微領域の温度・水分同時イメージング法の開発」の研究に取り組んだ.
・国際学術論文(2編),国際会議(3回),国内会議(4回)にて自身が成果発表を行った.
・研究室HP,Researchmapなどで研究成果を積極的に公表した.
・他研究機関(産業技術総合研究所,電気通信大学,鳥取大学,名古屋工業大学など)との共同研究を実施した.
・複数の企業(光学メーカー,通信会社,空調設備会社など)との共同研究を実施した.
社会貢献 ・高校生向けのミニ講義(夢ナビ)で研究紹介を行った.
・日本機械学会および日本伝熱学会が主催する学術会議等の実行委員や座長を務めた.
・学術雑誌の論文校閲を5件行った.
・他大学にて授業(集中講義)を行った.
・学術関係の助成金の審査員を務めた.