教員紹介参照<参照>

令和02年度 取組状況
所属 システムデザイン学部 情報科学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 助 教
氏 名 下川原 英理

取組状況
教 育 データ構造とアルゴリズム演習,システムプログラミング実験(ネットワーク),応用プログラミング実験(人間情報学),情報リテラシー,人工知能・自然言語処理概論(人工知能入門),知的エージェント,情報工学実習第三,情報科学入門を主に担当 
研 究 ウェラブルデバイスによる睡眠データや歩行データなどの情報から生活リズムを推定し,それに基づく対話ロボットシステムの研究を行った.またインタラクションロボットの引き込み現象や誘導に関する研究を行った.さらに人同士のコミュニケーション支援を目的として,位置情報に基づくサービスとニーズのつながりに関する研究をおこなった.
[1] A. Matsufuji, E. Sato-Shimokawara, and T. Yamaguchi, "Adaptive Personalized Multiple Machine Learning Architecture for Estimating Human Emotional States," J. Adv. Comput. Intell. Intell. Inform., Vol.24, No.5, pp. 668-675, 2020 doi: 10.20965/jaciii.2020.p0668
[2] Wei Fen Hsieh, Eri Sato-Shimokawara, and Toru Yamaguchi, "Impression Preference Tendency between A Cute Robot and A Cool Robot", 知能と情報, 2020 年 32 巻 2, pp.686-690, doi.org/10.3156/jsoft.32.2_686
[3] W. Hsieh, E. Sato-Shimokawara, and T. Yamaguchi, "Investigation of Robot Expression Style in Human-Robot Interaction," J. Robot. Mechatron., Vol.32, No.1, pp. 224-235, 2020 DOI: 10.20965/jrm.2020.p0224
[4] Shuyu Tang, Shodai Aoyagi, Yihsin Ho, Eri Sato-Shimokawara, Toru Yamaguchi, "Wearable Sensor Data Visualization based on CNN towards Healthcare Promotion," 2020 International Symposium on Community-centric Systems (CcS), Hachioji, Tokyo, Japan, 2020, pp. 1-5, doi: 10.1109/CcS49175.2020.9231517, 2020 September
[5] Haruka Sekino, Erina Kasano, Wei-Fen Hsieh, Eri Sato-Shimokawara, and Toru Yamaguchi, "Robot Behavior Design Expressing Confidence/Unconfidence based on Human Behavior Analysis", 2020 17th International Conference on Ubiquitous Robots (UR), pp.278-283, DOI:10.1109/UR49135.2020.9144862
他,国際会議6件,国内会議2件 (2020年11月現在)
社会貢献 ・Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, reviewer.
・知能情報ファジィ学会の会誌編集委員として,学会誌の編集および論文誌の査読業務に携わった.
・人工知能学会第33回および第34回全国大会の国際化担当.
・The International Symposium on Community-centric Systems 2020 (CcS 2020), Financial Chair
・2020 IEEE CIS Summer School on Computational Intelligence for Human and Robot Co-learning, Plenary Talk "Human-Oriented AIoT Application".