教員紹介参照<参照>

令和05年度 取組状況
所属 都市環境学部 建築学科
学部・コース等
研究科・専攻等
職 位 教 授
氏 名 角田 誠

取組状況
教 育 【授業実績】 (学部、大学院、OU講座)      
授業科目  部局名 授業形式 特記事項   
建築設計製図Ⅰ  都市環境学部 演習 建築図面の作図方法を講義した。4人によるオムニバス講義。   
建築生産  都市環境学部 講義 建築生産の概要を講義した。   
建築施工管理  都市環境学部 講義 建築現場の施工管理方法を講義した。2人によるオムニバス講義。   
建築物のしくみ  都市環境学部 講義 建築物の構造的成立条件について講義した。   
建築構法  都市環境学部 講義 建築物の各部位の構成方法を教授した。   
特別研究  都市環境学部 演習 建築生産分野の最先端研究をゼミナール形式で教授した。   
特別研究ゼミナールⅠ  都市環境学部 演習 特別研究に必要な知識や方法論などを教授した。   
特別研究ゼミナールⅡ  都市環境学部 演習 特別研究の取りまとめに必要な要件を教授した。   
建築生産特論Ⅰ  都市環境科学研究科 講義 資源循環型社会における建築生産のあり方について講義した。   
建築生産特論Ⅱ  都市環境科学研究科 講義 建築生産システムについて、工事の契約方式、調達方式の観点から講義した。   
建築学特別セミナーⅠ  都市環境科学研究科 講義・演習 建築生産分野の最先端研究をゼミナール形式で教授した。   
建築学特別セミナーⅡ  都市環境科学研究科 講義・演習 建築生産分野の最先端研究をゼミナール形式で教授した。   
建築学特別セミナーⅢ  都市環境科学研究科 講義・演習 建築生産分野の最先端研究をゼミナール形式で教授した。   
建築学特別セミナーⅣ  都市環境科学研究科 講義・演習 建築生産分野の最先端研究をゼミナール形式で教授した。   

【取組状況】
・「建築設計製図Ⅰ」「建築デザインⅠ」おいて、基礎から応用までの設計要素について、それぞれ教授した。
・専門科目「建築生産」において、建築を取り巻く社会の仕組み及びその関連性について、特に建築を利用する視点を中心に教授した。また「建築物のしくみ」及び「建築構法」では、建築の構成原理を初学者にわかりやすく教授した。
・座学講義ではリアクションペーパーによる質疑応答を行った結果、疑問点が直ちに解決できる等好評であった。
・大学院科目「建築生産特論Ⅰ・Ⅱ」では、受講者の思考を醸成するためのグループディスカッションを取り入れ教授した。専門領域の異なる学生による議論は、建築生産の新たな考え方を導くことに有用に機能した。
・卒業研究、修士研究において他大学との共同研究会等を通じ、多様な研究の方法論を修得させた。
       
【指導実績】 ※卒業論文等の指導実績は、「その他」に含めて記入してください。      
区分 研究指導人数 (留学生数) 学位取得人数 (留学生数) 特記事項  
博士前期課程 2 0 1 0   
博士後期課程 1 0 0 0 9月修了  
研究生 0 0 0 0   
論文博士 0 0 0 0   
その他 2 0 2 0 卒論生  
       
【論文審査実績】       
区分 主査件数 (留学生数) 副査件数 (留学生数) 特記事項  
修士論文 1 0 8 0   
博士論文 0 0 1 0   
       
【その他の教育活動】       
教育上の取組み等   概要等    
インターカレッジによる研究会の開催   東京都立大学、東洋大学、東京都市大学、東京工芸大学、国士舘大学、明海大学との間でリフォーム工事の生産体制についての研究会を月1回のペースで開催し、学生の意識向上を図った。    
    
研 究 【研究実績の概要】        
建築物の改修構法や維持管理方法に関して、建築生産、構法計画の観点から建築ストックの利活用を阻害/推進する要因を抽出し、効果的な活用方策を導き出した。特に、戸建住宅における木製建具の利活用を促進するための建具店・工務店・施主等の生産組織のあり方、地球環境に配慮した土ブロック壁の設計・施工の問題を解決するための新たな構法計画、既存集合住宅の外断熱改修の構法的な解決と性能向上を両立する方法論を改修範囲別、改修部位別に抽出し、建築生産システムに対する主体の関与方法とその組合せについて多角的に検討した。(249字)        
 学会発表(発表題目、発表大会名、年月を記入)        
"(1)戸建住宅の住まい手参加型改修における生産組織体制に関する調査研究 河村日奈子,角田誠,松本真澄,日本建築学会大会学術講演梗概集,建築計画 pp525-526 2023.9 
(2)外観意匠と維持管理に着目した壁面緑化の設計方法に関する調査研究 山本匠真,角田誠,日本建築学会大会学術講演梗概集,建築計画 pp595-596 2023.9 "        
 論文発表又は著書発行(発表題目、著者、発表誌又は出版社、年月を記入)        
"(1)既存建築物の利活用に向けて,角田誠,建築士定期講習会テキスト,建築技術教育普及センター,Ⅱ130-145,2023.4
"        
 科学研究費補助金への応募状況、採択状況        
「戸建て住宅のセルフリノベ-ションに資する新たな生産体制のあり方の構築」2022年度-2024年度 基盤研究(C)(研究代表者)        
社会貢献 【社会貢献】
【公表可】
・国交省官庁営繕部、防衛省防衛局の総合評価委員会委員長として、工事技術の妥当性、費用の適切性について審査した。
・建築研究所研究評価委員会生産部会長として研究遂行の評価を行った。
・日本建築センターのマネジメントシステム公平性委員会副委員として、中立的立場から審査を行った。
【公表不可】
・最高裁判所が発注する競争入札の透明性・公平性を確保するための監視を行った。
・世田谷区本庁舎等整備工事2期及び3期工程検証委員会専門委員として、工期延伸の妥当性検証を行い、延伸期間18か月、元請側の違約金支払いの履行が確定した。

【組織運営】
・現場体験型インターンシップ学部委員として、講義の運営方法の見直しを行うとともに成績判定を行った。
・研究倫理委員会委員として研究の対象者の人権の保護に務め、国際交流委員会委員として国際化の実践に努めた。
・建築士受検資格認定科目の見直し・確認・精査のサポート作業を行った。