教員紹介参照<参照>

平成27年度 取組状況
所属 都市環境学部 地理環境学科
学部・コース等 都市環境学部地理環境コース
研究科・専攻等 都市環境科学研究科都市環境科学専攻地理環境科学域
職 位 助 教
氏 名 泉 岳樹

取組状況
教 育 担当した演習・実習や講義(地理環境科学基礎演習Ⅰ、Ⅱ、地理環境科学実習Ⅱ、地理学調査法・研究法、GIS特別実習、都市環境科学特別講義第一)で、学生達が習得せねばならない知識と技術が身につくように実践的な教育に努めた。卒論・修論指導では、学生の長所を伸ばす指導を行うことを心がけ、学生の多くが行うフィールド調査に同行するなどバックアップを行った。
研 究 JSTのRISTEXプロジェクト「いのちを守る沿岸域の再生と安全・安心の拠点としてのコミュニティの実装」関連の研究の取りまとめを行った。また、新たに取得した科研基盤(C)や千葉大の共同利用研究を進めると共に、JST JRAPIDによるネパール大地震の緊急調査支援でUAV(無人航空機)による山岳域(標高3500-5200m)調査を実施した。
社会貢献 国土地理院が2016年3月末に発表した「公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準」を策定する委員会の委員長として安全基準策定を行った。宮城県南岩沼市からの依頼により、小型UAVを用いたデータ取得を行なうなど、継続的な復興支援を行った。また、近年急速に普及してきたマルチコプターの安全な運用方法についての啓発を目的として、5月と8月に本学の後援の元「無人ヘリ安全運用講習会」を実施した。