本文へ移動します

山口 亨

氏 名山口 亨ヤマグチ トオルやまぐち とおる 
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報科学科
システムデザイン研究科 情報科学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野知能情報処理
最終学歴・学位千葉大学大学院工学研究科電子工学専攻修士課程(1981年修了),博士(工学)(1992年取得)
研究テーマ成長するネットワーク型知能と人間中心システム、知能情報処理とネットワーク技術を活用した新たなシステムデザイン
研究キーワード知能システム、ネットワークインテリジェンス,空間知能化,人間中心システム、人工オントロジー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
S.シュレィアー、S.J.メーラー 著、本位田真一、山口 亨 訳:オブジェクト指向システム分析,啓学出版(現在、近代科学社),(1990)

萩原 将文、山口 亨 (編著 谷萩 隆嗣):ニューラルネットワークとファジイ信号処理,コロナ社,(1998)

山口 亨,久保田 直行,高間 康史(監修 原島 文雄):インテリジェントネットワークシステム入門,コロナ社(2008)


論文
[1] Eichi Tamura, Yoshihiro Yamashita, Taisei Yamashita, Eri Sato-Shimokawara, and Toru Yamaguchi, "Movement Operation Interaction System for Mobility Robot Using Finger-Pointing Recognition", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.21, No.4, pp. 709-715, 2017, doi:10.20965/jaciii.2017.p0709
[2] ]高間 康史, 藤本 泰成, 山口 亨, 新田 收, 寄崎 恵美子, 糀谷 香美,"介護老人福祉施設におけるセンサログを用いた介護スタッフ・入居者の活動分析", 知能と情報, Vol.29, No.4, pp. 619-627, 2017, doi:10.3156/jsoft.29.4_619
[3] 山下祥宏,西谷隆夫,田村英地,下川原英理,山口亨,"コミュニティ・セントリック・システムにおけるコミュニケーションロボット実現のためのUIインタフェースのソフトウェア実装", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.138, No.3, pp.234-241, 2017 DOI:10.1541/ieejeiss.138.234
[4] Eri Sato-Shimokawara and Toru Yamaguchi, "Community-Centric System -Support of Human Ties-", Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.29, No.1, pp.7-13, 2017, doi: 10.20965/jrm.2017.p0007
[5] 下川原英理, 山口亨, "人と人とのつながりを支援するコミュニティ・セントリック・システム研究とその事例", 知能と情報, Vol.29,No.4, pp.128-135, 2017/8


学会発表
[1] Taisei Yamashita, Yoshihiro Yamashita, Shota Masuda, Eri Sato-Shimokawara, Toru Yamaguchi, "Face Direction Recognition System For Robot Control System Using Fingertip Gesture", 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2017), ThA3.2, (December, 2017)
[2] Kazuki Hirata, Eri Shimokawara, Tomoya Takatani, Toru Yamaguchi, "Filtering Method for Chat Logs toward Construction of Chat Robot", 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2017), ThA3.1, (December, 2017)
[3] Yukiharu Motohashi, Eri Sato-Shimokawara, Rosanna Yuen-Yan Chan, Nan Zhou, Toru Yamaguchi, "Using iBeacon to Detect User Behavior from Indoor Physical Movement", 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2017), WeD4.1, (December, 2017)
[4] Hidekazu Aizawa, Shinya Iwasaki, Reona Gomi, Eri Sato-Shimokawara, Toru Yamaguchi, "Heart rate analysis in a conversation on video chat for development of a chat robot supporting to build a relationship", 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2017), WeC4.8, (December, 2017)
[5] Shinya Iwasaki, Hidekazu Aizawa, Wei Fen Hsieh, Eri Shimokawara, Toru Yamaguchi, "Proposal of a robot for conveying nod of listeners in a conversation and evaluation using heart rate analysis", The 2017 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2017), (December, 2017)
[6] Akihiro Matsufuji, Tatsuya Shiozawa, Wei Fen Hsieh, Eri Shimokawara, Toru Yamaguchi, Lieu-Hen Chen, The Analysis of Nonverbal Behavior for Detecting Awkward Situation in Communication", The 2017 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2017), (December, 2017)
[7] Reona GOMI, Hidekazu AIZAWA, Eri SATO-SHIMOKAWARA, and Toru YAMAGUCHI," An Analysis of Dialogue Based on Co-Occurrence and Mutual Assistance to Develop Conversation Support Robot", The 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII 2017), AS1-2-3, (November, 2017)
[8] Wei Fen Hsieh, Eri Sato-Shimokawara and Toru Yamaguchi, "Enhancing the Familiarity for Humanoid Robot Pepper by Adopting Customizable Motion", Proceedings of the 43rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, pp,8497-8502, (August, 2017)
[9] Analysis of pyroelectric sensor data installed in the homes of elderly individuals, Haruki EGUCHI, Senri YOSHIKAWA, Akihiro YAMASHITA, Daisuke KITAKOSHI, Yihsin HO, Yasunari FUJIMOTO, Toru YAMAGUCHI, Makoto KANKE, Tomomasa SATO, The First International Symposium on AI for ASEAN Development, (March, 2018)
[10] 木村 慶, 大西 佑城, 下川原(佐藤) 英理, 山口 亨, 対話ロボットによる情報推薦とインタラクションがもたらすユーザ状態の変化獲得, 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017), 講演番号2D3-08,pp.1881-1884,(2017/12/20-22)
[11] 塩澤 達也, 松藤 彰宏, 下川原(佐藤) 英理, 山口 亨, 人物の動きを用いた対話における気まずさ度推定の検討, 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017), 講演番号3D5-01,pp.3086-3090,(2017/12/20-22)
[12] 増田 翔太, 山下 太成, 下川原(佐藤) 英理, 山口 亨, モビリティロボットの操作インタフェース開発における表情認識を用いた誤認識軽減の検討, 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017), 講演番号3D5-05,pp.3107-3112,(2017/12/20-22)
[13] 松藤彰宏,下川原英理,山口亨,対話における人物のしぐさと音響特徴量を用いた話者の意図推定手法の検討,第35回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1G1-01(2017/9/12).
[14] 本橋 幸治,下川原 英理,陳 苑茵,山口 亨,iBeaconと加速度を用いた機械学習によるユーザの閲覧行動の推定に向けた解析手法の検討, 第35回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1G1-05(2017/9/12).
[15] 相澤 秀和,岩崎 真也,五味 怜央奈,下川原 英理,山口 亨,対話支援ロボット開発に向けた心拍変動の周波数解析による会話中の自律神経機能評価,第35回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1G2-03(2017/9/12).
[16] 山下 太成,下川原 英理,山口 亨,モビリティロボットにおけるユーザの指先ジェスチャ認識と顔検出を用いた安全指向型移動操作システム,第35回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1J3-05(2017/9/12).
受 賞日本ロボット学会フェロー
主な学会活動IEEE(米国電気電子学会),日本知能情報ファジィ学会、電気学会、電子情報通信学会、計測自動制御学会、日本神経回路網学会、日本e-Learning学会、日本ロボット学会各会員 IEEE Transaction on Industrial Electronics Associate Editor,日本知能情報ファジィ学会理事(2001-2002年)、日本e-Learning学会理事 ほか
社会等との関わり首都大学東京オープンユニバーシティ講座「Javaプログラミング」
個人のURL
担当科目
  • 情報科学入門
  • 人工知能・自然言語処理概論
  • 知的ネットワークシステム
  • 知能情報処理
  • ヒューマン・コンピュータ・インタラクション
  • 知能情報処理特論
  • メディア情報処理特別講義
  • 知能情報処理特論
  • 情報科学入門
オフィスアワー
研究室2号館601号室
内線番号内線8644
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ