本文へ移動します

種村 佑介

氏 名種村 佑介タネムラ ユウスケたねむら ゆうすけ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
H30再編後の所属
法学部 法学科 法律学コース
法学政治学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野国際私法
最終学歴・学位早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程修了・博士(法学)
研究テーマ不法行為準拠法の柔軟化
研究キーワード不法行為のプロパー・ロー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】
・種村佑介『国際不法行為法の研究』(成文堂、2017年)
・種村佑介「不法行為・事務管理・不当利得」木棚照一編著『国際私法』(成文堂、2016年)276-308頁
・種村佑介「非嫡出子」青木清=佐野寛編著『国際<家族と法>』(八千代出版、2012年)96-101頁

【論文】(最近5年程度のもの)
・種村佑介「国際法違反の不法行為と国際私法」国際法外交雑誌115巻1号46-64頁(2016年)
・種村佑介「法の適用に関する通則法22条の適用について」法学会雑誌56巻1号633-663頁(2015年)
・種村佑介「イングランドにおける『既得権』説の克服と『不法行為のプロパー・ロー』」国際私法年報15号140-167頁(2014年)
・種村佑介「ダイシーの国際私法理論に関する一考察―国内法説、既得権説を中心に」法学会雑誌54巻2号135-167頁(2014年)
・種村佑介「外国知的財産権侵害訴訟における国際裁判管轄権の制限」国際商取引学会年報14号90-100頁(2012年)
・種村佑介「いわゆる『モザンビーク・ルール』について」早稲田法学87巻3号91-130頁(2012年)

【判例評釈】(最近5年程度のもの)
・種村佑介「インターネット上のウェブサイトに記事を掲載した米国法人に対する名誉・信用毀損訴訟の国際裁判管轄―最判平成28・3・10」判例評論698号(判例時報2320号)7-11頁(2017年)
・種村佑介「名誉・信用毀損、および不貞行為の国際裁判管轄と準拠法―東京地判平成26・9・5(渉外判例研究第647回)」ジュリスト1496号115-118頁(2016年)
・種村佑介「ナイジェリア人の相続問題と反致、準拠外国法の不明―大阪地判平成25・3・21(渉外判例研究第633回)」ジュリスト1480号131-134頁(2015年)
・種村佑介「インターネット上の名誉・信用毀損と国際裁判管轄―東京地判平成25・10・21」平成26年度重要判例解説(ジュリスト1479号)308-309頁(2015年)
・種村佑介「韓国テレビ番組のネット配信と著作権侵害訴訟の国際裁判管轄・準拠法―東京地判平成26・7・16」新・判例解説Watch16号337-340頁(2015年)
・種村佑介「公海上の船舶事故に関する荷送人の不法行為責任の準拠法―東京高判平成25・2・28(渉外判例研究第623回)」ジュリスト1464号136-139頁(2014年)
・種村佑介「在日韓国・朝鮮人の相続準拠法―東京地判平成23・6・7(渉外判例研究第615回)」ジュリスト1451号124-127頁(2013年)

【その他】(最近5年程度のもの)
・種村佑介「国際関係法(私法系)論文式試験解説」司法試験の問題と解説2017(別冊法学セミナー249号)289-294頁(2017年)
・Yusuke Tanemura, "Kokusai Keizai Ho Koza II―Torihiki, Zaisan, Tetsuzuki [International Economic Law II: Transactions, Property and Procedure] edited by Japan Association of International Economic Law, represented by Noboru Kashiwagi," Japanese Yearbook of International Law, Vol.58, pp.409-414 (2016)
・種村佑介=松永詩乃美「2013年主要文献目録:2 国際私法」国際法外交雑誌113巻2号257-274頁(2014年)
・申美穂=種村佑介「2012年主要文献目録:2 国際私法」国際法外交雑誌112巻2号362-384頁(2013年)
・種村佑介『知的財産権侵害の準拠法と不法行為準拠法との関係』特許庁委託平成22年度産業財産権研究推進事業(平成22-24年度)報告書(一般財団法人知的財産研究所、2012年)1-30頁
受 賞東京Uクラブ「第7回 都市に関する研究奨励賞」優秀賞(2017年)
主な学会活動国際私法学会
国際法学会
国際商取引学会
国際法協会日本支部
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 国際私法
  • 法律学政治学演習(国際私法)
  • 国際私法学特殊研究Ⅰ
  • 国際私法学特殊研究Ⅰ
  • 国際私法
  • 国際取引法
オフィスアワー質問方法は、各担当科目の開講時に指示する。
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ