本文へ移動します

高津 飛鳥

氏 名高津 飛鳥タカツ アスカたかつ あすか 
職 位准教授
所 属首都大学東京理学部 数理科学科
理学研究科 数理科学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 理工学系 数理科学コース
理工学研究科 数理情報科学専攻
 
専門・研究分野幾何解析
最終学歴・学位東北大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士課程 修了(2010年9月)
研究テーマ曲がっているとは何か、また曲がっている空間ではどのような現象が生じるのかに興味がある。
そこでリーマン多様体上の確率測度のなす空間に、最適輸送理論から導かれる距離構造を導入し、解析を行っている。
研究キーワード微分幾何、幾何解析、最適輸送理論
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
学術専門誌での掲載論文(査読あり)
[1] A. TAKATSU, "On Wasserstein geometry of Gaussian measures", Adv. Stud. Pure Math. 57 (2010), 463-472.
[2] Shin-ichi OHTA and A. TAKATSU, "Displacement convexity of generalized relative entropies", Adv. Math. 228 (2011), no.3, 1742-1787.
[3] A. TAKATSU, "Wasserstein geometry of Gaussian measures", Osaka J. Math. 48 (2011), no.4, 1005-1026.
[4] A. TAKATSU, "Wasserstein geometry of porous medium equation", Ann. Inst.H. Poincare Anal. Non Lineaire 29(2012), no.2, 217-232.
[5] A. TAKATSU and T, YOKOTA, "Cone structure of $L^2$-Wasserstein spaces", J. Topol. Anal. 04(2012), no.02, 237-253.
[6] Shin-ichi OHTA and A. TAKATSU, "Displacement convexity of generalized relative entropies. II", Comm. Anal. Geom. 21(2013), no.04,687-785.
[7] A. TAKATSU, "Behaviors of varphi-exponential distributions in Wasserstein geometry and an evolution equation", SIAM J. Math. Anal. 45(2013), no.04, 2546--2556.
[8] A. TAKATSU, "Isoperimetric profile of radial probability measures on Euclidean spaces", J. Funct. Anal. 266 (2014), 3435-3454.
[9] T. SHIOYA and A. TAKATSU, "High-dimensional metric-measure limit of Stiefel and flag manifolds", Mathematische Zeitschrift, (2018).
受 賞青葉理学振興会 奨励賞(2005年)、青葉理学振興会 黒田チカ賞(2010年)、岡数学研究所 岡潔奨励賞(2017年)
主な学会活動日本数学会会員
社会等との関わりお茶の水女子大学集中講義講師(2016年度)、東北大学集中講義講師(2017年度)、名古屋工業大学集中講義講師(2018年度)など。
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 微分積分I d
  • 微分積分I d
  • 幾何学序論
  • 幾何学序論演習
  • 幾何学序論
  • 幾何学序論演習
  • 幾何学特別講義II
  • ※幾何学概論(2)
  • ※広域数理科学概論(2)
オフィスアワー2018年度の後期のオフィスアワーは月曜日4時限目です。 
質問がある方は、研究室(8-628室)まで来てください。
研究室8号館628室
内線番号内線3127
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ