本文へ移動します

杉本 興運

氏 名杉本 興運スギモト コウウンすぎもと こううん 
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野観光地理学 応用地理学 地理情報科学
最終学歴・学位博士(観光科学)首都大学東京
研究テーマ観光者の移動・流動パターンの解析
国際都市の観光MICE戦略と基盤整備の動向
若者にみる次世代の観光・レジャーの展開
地誌的アプローチによる観光地域学の追求
研究キーワード行動解析 地域分析 景観解析 地理情報システム
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【査読付論文】
Hosaka,T., Shinya,N. and Sugimoto,K. 2018. Relationship between childhood nature play and adulthood participation in nature-based recreation among urban residents in Tokyo area. Landscape and Urban Planning (in press)
西村圭太・杉本興運・菊地俊夫. 2018. コミュニティサイクル利用観光者の回遊行動特性 ―埼玉県川越市を事例に―. 観光研究, 29(2): 29-42.
磯野巧・杉本興運・飯塚遼・池田真利子・小池拓也・太田慧. 2018. 東京都における訪日教育旅行の地域的特性-受入態勢と外国人児童生徒の観光行動の分析を通して. 地理空間, 10(2): 180-194.
太田慧・杉本興運・上原明・池田真利子・飯塚遼・磯野巧・小池拓矢. 2018. 東京におけるナイトクルーズの集客戦略と存立形態―東京湾納涼船における若者の利用特性―. 地理空間, 10(3): 165-179.
池田真利子・卯田卓矢・磯野巧・杉本興運・太田慧・小池拓矢・飯塚遼. 2018. 東京におけるナイトライフ観光の特性-夜間音楽観光資源としてのクラブ・ライブハウスに着目して-. 地理空間, 10(3): 149-164.
飯塚遼・太田慧・池田真利子・小池拓矢・磯野巧・杉本興運. 2018. 東京大都市圏におけるクラフトビールイベントの展開と若者観光. 地理空間, 10(3): 140-148.
池田真利子・飯塚遼・磯野巧. 2018. 東京大都市圏における若者のアニメに関連した観光・レジャーの特性. 地理空間, 10(3): 125-139.
Sugimoto, K. 2017. Use of GIS-based analysis to explore the characteristics of preferred viewing spots indicated by the visual interest of visitors. Landscape Research,43(3):345-359.
杉本興運. 2017. 東京大都市圏における若者の日帰り観光・レジャーの時間的・空間的特性-大規模人流データによる分析-. 地理空間, 10(2): 51-66.
杉本興運. 2017. シンガポールにおける観光とMICEの発展. E-journal GEO, 12(2):246-260.
Hosaka,T., Sugimoto, K., and Numata, T. 2017. Childhood experiences of nature influences the willingness to coexist with biodiversity in cities. Palgrave Communications, 3:17071 doi: 10.1057/palcomms.2017.71. 【PDF】
杉本興運. 2017. イベント開催時における訪問者の目的地内移動パターン―東京都・上野公園でのフェスティバルを事例に―. 観光研究,29(1):17-28.
Hosaka,T., Sugimoto, K., and Numata, T. 2017. Effects of childhood experience with nature on tolerance of urban residents toward hornets and wild boars in Japan. PLOS ONE, 12(4): e0175243. 【PDF】
杉本興運・小池拓矢. 2015. 富士山麓地域における観光行動の特徴-着地からの旅行距離に着目して-. 地学雑誌,124: 1015-1031.
Ranaweerage, E., Ranjeewa, A. D. and Sugimoto, K. 2015. Tourism-induced disturbance of wildlife in protected areas: A case study of free ranging elephants in Sri Lanka. Global Ecology and Conservation, 4, 625-631.
Sugimoto, K. 2014. Visualizing the sightseeing potential of urban recreational spaces: A study of weighted scores on the density estimation of points of visual interest. Geographical Review of Japan series B, 86(2): 189-197.
杉本興運・菊地俊夫. 2014. 日本における観光資源分布の地域的特徴. 地学雑誌,124: 1-24.
杉本興運・岡野祐弥・菊地俊夫. 2013. レンタサイクル利用による観光回遊行動の実態-長野県安曇野市におけるGPS・GIS支援による調査とデータ解析-. 観光研究, 24(2): 15-27.
Sugimoto, K. 2013. Quantitative measurement of visitors' reactions to the settings in urban parks: Spatial and temporal analysis of photographs. Landscape and Urban Planning, 110: 59-63.
杉本興運. 2012. 観光者の視覚的体験情報に基づく回遊空間の評価-デジタルカメラ,GPS,GISを使った分析手法-. GIS-理論と応用, 20(1): 39-49.

【紀要・商業誌・プロシーディング】
杉本興運. 2018. 大都市圏の若者にみる観光・レジャーの行動特性. 地理, in press
小池卓矢・上原明・杉本興運. 2018. 都市におけるアニメショップの分布と地域イメージの関係性. 地理, in press
服部陽太・杉本興運・菊地俊夫. 2018. 小笠原諸島のエコツアーにおける心理的リアクタンス. 小笠原研究年報, 41: 65-81
杉本興運. 2017. 日帰りハイキング旅行における観光者の感情変化に関する一考察. 観光科学研究, 10: 19-29.
太田慧・杉本興運・菊地俊夫・土居利光. 2017. 東京・上野地域における商業集積地の空間特性の分析. 観光科学研究, 10: 1-8.
Isono, T., Liu, J., Zhang, G., and Sugimoto, K. 2017. Regional Characteristics of International Educational Travel in Tokyo. Proceedings of the 12th Korea-China-Japan Joint & 3rd Asian Conference on Geograph.
服部陽太・杉本興運・太田慧・菊地俊夫. 2016. 箱根・元箱根における観光と空間構成. 観光科学研究, 9: 59-66.
杉本興運・池田拓生. 2015. WebGIS による観光統計データの地理的可視化 . 観光科学研究 8, 163-168.
杉本興運・村山祐司.2014.東京都市圏における一日の観光動態の時空間的可視化 . 第 29 回日本観光研究学会全国大会学術論文集 , 113-116.
杉本興運・村山祐司.2014.都市圏スケールにおける観光動態の分析-人の流れデータの活用- . 第 23 回地理情報システム学会学術大会論文集, CD-ROM.
杉本興運., 飯塚遼. 2012. 自己組織化マップによる農村観光の動機分析-安曇野市を事例として-. 観光科学研究, 5: 39-49.

【著書】
杉本興運. 2018. 国際都市ブリュッセルにおけるMICE. 『ツーリズムの地理学―観光から考える地域の魅力―』 ,50-61
杉本興運. 2018. 外国人の集まる国際観光拠点シンガポール. 『地誌トピックス 2. ローカリゼーションー地域へのこだわりー』,23-32.
杉本興運・太田慧. 2016. 展望タワーと都市観光. よくわかる観光学3:文化ツーリズム学,149-158.
杉本興運.2015.自然ツーリズムと計画システム.菊地俊夫・有馬貴之 編: よくわかる観光学2 自然ツーリズム学.朝倉書店,157-164.
受 賞リーディングサイエンティスト(首都大学東京)
日本観光研究学会優秀論文賞
第10回日中韓地理学会議(第1回アジア地理学会議)優秀ポスター賞
地理空間学会奨励賞
主な学会活動日本地理学会総務委員会委員
地理情報システム学会代議員/大会実行委員/企画委員
日本観光研究学会研究分科会代表
社会等との関わり台東区・上野地域での受託研究プロジェクトの運営など
個人のURL
担当科目
  • 観光資源論(観光科学)
  • 安全管理・野外救急救命法
  • 地域環境学演習Ⅰ
  • 地域環境学演習Ⅱ
  • 地域環境学野外実習
  • ECO‐TOPインターンシップⅠ
  • ECO‐TOPインターンシップⅡ
  • ECO-TOPインターンシップⅠ
  • ECO-TOPインターンシップⅡ
  • ECO-TOPインターンシップⅠ
  • ECO-TOPインターンシップⅡ
オフィスアワー
研究室9-371
内線番号内線4210
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ