本文へ移動します

杉本 興運

氏 名杉本 興運スギモト コウウンすぎもと こううん 
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野観光地理学 応用地理学 地理情報学
最終学歴・学位首都大学東京 博士(観光科学)
研究テーマ様々な観光行動の時空間特性の解明
大都市のMICE都市基盤と産業集積の分析
観光客視点からの観光イベントの評価手法
空間情報技術を使った観光地評価
研究キーワード観光行動 産業集積 イベント 空間評価 GIS
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
服部陽太・杉本興運・太田慧・菊地俊夫. 2016. 箱根・元箱根における観光と空間構成. 観光科学研究, 9: 59-66.
杉本興運・小池拓矢. 2015. 富士山麓地域における観光行動の特徴-着地からの旅行距離に着目して-. 地学雑誌,124: 1015-1031.
杉本興運・池田拓生. 2015. WebGIS による観光統計データの地理的可視化 . 観光科学研究 8, 163-168.
Ranaweerage, E., Ranjeewa, A. D. and Sugimoto, K. 2015. Tourism-induced disturbance of wildlife in protected areas: A case study of free ranging elephants in Sri Lanka. Global Ecology and Conservation, 4, 625-631.
杉本興運・村山祐司.2014.東京都市圏における一日の観光動態の時空間的可視化 . 第 29 回日本観光研究学会全国大会学術論文集 , 113-116.
杉本興運・村山祐司.2014.都市圏スケールにおける観光動態の分析-人の流れデータの活用- . 第 23 回地理情報システム学会学術大会論文集, CD-ROM.
Sugimoto, K. 2014. Visualizing the sightseeing potential of urban recreational spaces: A study of weighted scores on the density estimation of points of visual interest. Geographical Review of Japan series B, 86(2): 189-197.
杉本興運・菊地俊夫. 2014. 日本における観光資源分布の地域的特徴. 地学雑誌,124: 1-24.
杉本興運・岡野祐弥・菊地俊夫. 2013. レンタサイクル利用による観光回遊行動の実態-長野県安曇野市におけるGPS・GIS支援による調査とデータ解析-. 観光研究, 24(2): 15-27.
Sugimoto, K. 2013. Quantitative measurement of visitors' reactions to the settings in urban parks: Spatial and temporal analysis of photographs. Landscape and Urban Planning, 110: 59-63.
杉本興運. 2012. 観光者の視覚的体験情報に基づく回遊空間の評価-デジタルカメラ,GPS,GISを使った分析手法-. GIS-理論と応用, 20(1): 39-49.
杉本興運., 飯塚遼. 2012. 自己組織化マップによる農村観光の動機分析-安曇野市を事例として-. 観光科学研究, 5: 39-49.
杉本興運.2015.自然ツーリズムと計画システム.菊地俊夫・有馬貴之 編: よくわかる観光学2 自然ツーリズム学.朝倉書店,157-164.
杉本興運・太田慧. 2016. 展望タワーと都市観光. よくわかる観光学3:文化ツーリズム学,149-158.
受 賞第10回日中韓地理学会議(第1回アジア地理学会議)優秀ポスター賞
地理空間学会奨励賞
主な学会活動日本地理学会総務委員会委員
日本観光研究学会研究分科会「若者の観光行動と地域需要基盤に関する研究」代表
社会等との関わり台東区・上野地域での受託研究プロジェクトの運営
個人のURL
担当科目
  • 観光資源論(観光科学)
  • 安全管理・野外救急救命法
  • 地域環境学演習Ⅰ
  • 地域環境学演習Ⅱ
  • 地域環境学野外実習
  • ECO‐TOPインターンシップⅠ
  • ECO‐TOPインターンシップⅡ
  • ECO-TOPインターンシップⅠ
  • ECO-TOPインターンシップⅡ
  • ECO-TOPインターンシップⅠ
  • ECO-TOPインターンシップⅡ
オフィスアワー
研究室9-469
内線番号内線4148
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ