本文へ移動します

城丸 春夫

氏 名城丸 春夫シロマル ハルオしろまる はるお 
職 位教授
所 属首都大学東京理学部 化学科
理学研究科 化学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野物理化学
最終学歴・学位理学博士(北海道大学)
研究テーマイオン蓄積実験による輻射冷却の観察
分子の多重イオン化と解離過程の研究
炭素クラスターおよびその誘導体の生成過程の研究
研究キーワードイオン蓄積実験,多価イオン衝突,炭素クラスター
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
H. Tezuka, K. Takahashi, J. Mastumoto, R. Karimi, J. H. Sanderson, H. Shiromaru
“Correlated formation of the excited states of recoil and scattered ions in multiple electron capture collision of Ar8+ with CO2 and OCS”
J. Phys. B: At. Mol. Opt. Phys. 51, 035202 (2018).

A. Ramadhan, M. Wesolowski, T. Wakabayashi, H. Shiromaru, T. Fujino, T. Kodama, W. Duley, J. Sanderson
“Synthesis of hydrogen- and methyl-capped long-chain polyynes by intense ultrashort laser pulse irradiation of toluene”
CARBON, 118, 680 - 685 (2017).

Y. Taguchi, H. Endo, T. Kodama, Y. Achiba, H. Shiromaru, T. Wakabayashi, B. Wales, J. H. Sanderson
“Polyyne formation by ns and fs laser induced breakdown in hydrocarbon gas flow”
CARBON, 115, 169-174 (2017).

H. Endo, Y. Taguchi, J. Matsumoto, Y. Achiba, H. Shiromaru, T. Kodama, T. Wakabayashi
“Anti-correlated formation of fullerenes and polyynes upon laser ablation of graphite under various concentrations of hydrogen source”, Chem. Phys. Lett., 642 (2015) 35?38.

Y. Ebara, T. Furukawa, J. Matsumoto, H. Tanuma, T. Azuma, H. Shiromaru, K. Hansen
“Detection of recurrent fluorescence photons”, Phys. Rev. Lett., 117, 133004 (2016).

N. Kono, T. Furukawa, H. Tanuma, J. Matsumoto, H. Shiromaru, T. Azuma, K. Najafian, M. S. Pettersson, B. Dynefors, K. Hansen
“Inverse internal conversion in C4- below electron detachment threshold”, Phys. Chem. Chem. Phys., 17, (2015) 24732 - 24737.

Y. Taguchi, H. Endo, Y. Abe, J. Matsumoto, T. Wakabayashi, T. Kodama, Y. Achiba, H. Shiromaru
“Polyyne formation by graphite laser ablation in argon and propane mixed gases”, CARBON, 94 (2015) 124?128.

W. Iskandar, J. Matsumoto, A. Leredde, X. Flechard, B. Gervais, S. Guillous, D. Hennecart, A.Mery, J. Rangama, C.L. Zhou, H. Shiromaru, A. Cassimi, “Interatomic Coulombic Decay as a New Source of Low Energy Electrons in slow Ion-Dimer Collisions”, Phys. Rev. Lett., 114, 033201 (2015).
受 賞
主な学会活動日本化学会,物理学会会員
原子衝突学会会長
社会等との関わり各種学会活動
出前授業等
個人のURL
担当科目
  • 現代分子科学
  • 構造物理化学
  • 構造物理化学
  • 反応物理化学
  • 化学セミナー
  • 反応物理化学
  • 化学セミナー
  • 物理化学特別講義II(化学特論V分子物性化学)
  • 物理化学特別講義II(化学特論V分子物性化学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
  • 物理化学特別講義II(化学特論V分子物性化学)
  • 物理化学特別講義II(化学特論V分子物性化学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
  • 現代分子科学
オフィスアワー原則として火曜5限
研究室8-367
内線番号内線3447
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ