本文へ移動します

篠田 昌志

氏 名篠田 昌志シノダ マサシしのだ まさし 
職 位教授
所 属東京都立大学法学部 法学科 法律学コース
法学政治学研究科 法学政治学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法曹養成専攻
 
専門・研究分野民法
最終学歴・学位青山学院大学大学院法学研究科私法専攻博士後期課程単位取得満期退学(1988年)
研究テーマ専門的職業人(専門家)の民事責任に関する研究
研究キーワード専門的職業人、専門家責任、弁護過誤責任、民事責任論、信認義務論
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
『イギリス信託法原理の研究――F.W.メイトランドの所説を通して――』(学陽書房、1992年、共著)、「弁護士委任契約の履行過程上の義務――弁護過誤及び弁護士報酬請求に係わる裁判例を手がかりとして――」(青山法学論集38巻3・4号、1997年)、「贈与――死因贈与の取消」(森泉章先生古稀祝賀論集『現代判例民法学の理論と展望』法学書院、1998年)「弁護士委任契約の履行過程上の義務(補論)」(東京都立短期大学経営情報学科研究論叢4号、2000年)、「依頼者・弁護士関係の法的規律について」(『近現代日本における外国文化・思想の受容とその展開過程に関する学際的研究』(2000年度東京都立短期大学特定研究報告書)所収、2001年)、「アメリカにおける弁護士民事責任論の現状(1)〜(2完)」(東京都立短期大学紀要第6号・第7号、2002年・2003年)、「多数当事者ノ債権(民法427条~445条、不真正連帯債務)」(『新・判例コンメンタール民法Ⅴ・債権総則(1)』三省堂、2004年、共著)、「監督義務者の責任」(『新民法講義5 事務管理・不当利得・不法行為法』成文堂、2011年)、「高度情報通信ネットワーク社会の形成における法と政策」(首都大学東京教職課程紀要第1集、2019年)
受 賞
主な学会活動日本私法学会、信託法学会
社会等との関わりhttps://jjh.tmu.ac.jp/tmu/campus?view=view.v47.topmenu&func=function.frame
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 法律学政治学演習(民法)
  • 法律学政治学演習(民法)
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅰ
  • 民事法学特殊研究Ⅰ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅱ
  • 民事法学特殊研究Ⅰ
  • 民事法学特殊研究Ⅰ
  • 情報社会と法
  • 法学入門
オフィスアワー特定の時間帯でのオフィスアワーは設けないが、kibaco又は授業内で連絡したメールアドレスへのメール通じての質問等は随時受け付ける。
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況令和02年度
researchmap
ページトップへ