本文へ移動します

坂本 優紀

氏 名坂本 優紀サカモト ユウキさかもと ゆうき 
職 位助教
所 属東京都立大学都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野人文地理学,観光地理学
最終学歴・学位筑波大学大学院生命環境科学研究科地球環境科学専攻博士後期課程修了・博士(理学)
研究テーマ(1)音・音楽と地域や場所の関係
(2)地理学的サウンドスケープ研究
(3)自然ツーリズムによる自然環境保全と活用
研究キーワードサウンドスケープ,自然ツーリズム,地域資源,人文地理学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(主要論文)
・Measuring Tourists' Experiential Values for Planning a Sustainable Destination in Natural Areas: A Case of the Rock Islands Southern Lagoon in Palau, Urban and Regional Planning Review, 8, 26-49(共著,2021)
・メキシコ合衆国ハリスコ州テキーラにおける観光地の形成,E-journal GEO,15(2),253-266(共著,2020)
・地域資源としてのサウンドスケープ:スズムシの鳴き声と水音から考える地域資源,サウンドスケープ,20,63-72(単著,2020)
・長野県上伊那地域における奉納煙火の現代的変容,地理空間,13(1),43-57(共著,2020)
・夜と景観ー見えない夜と感じる闇ー,地理空間,12(3),207-226(共著,2019)
・飲食店の集積と営業時間からみた商業地特性の分析:夜間の新宿・銀座・渋谷の比較,地理空間,12(3),227-245(共著,2019)
・住民による地域のサウンドスケープの発見と活用 : 長野県松川村におけるスズムシを活用した地域づくりを事例に,地理学評論,91(3),229-248(単著,2018)
・石川県金沢市における用水路が作り出すサウンドスケープ,地理科学,73(4),197-211(単著,2018)
・茨城県大洗町におけるツーリズム形態の変容に伴う観光空間の再編 ,地理空間,11(1),47-62(共著,2018)
受 賞地理空間学会奨励賞(2019年)
帝国データバンク資料館日本の会社展第4回特別企画展銀賞(2018年)
主な学会活動人文地理学会
地理科学学会
地理空間学会
日本サウンドスケープ協会
日本地理学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 観光資源論(観光科学)
  • 自然環境マネジメント学演習
  • 地域環境学野外実習
  • 観光地域分析演習
  • 環境生態学演習Ⅱ
  • 地域環境学野外実習
オフィスアワー
研究室9-371
内線番号内線4210
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
ページトップへ