本文へ移動します

庄司 武史

氏 名庄司 武史ショウジ タケシしょうじ たけし
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 社会学コース 社会学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会学教室
H30再編後の所属
人文社会学部 人間社会学科 社会学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会学分野
 
専門・研究分野社会思想史,社会学史,歴史社会学
最終学歴・学位早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了
博士(学術)(早稲田大学)
研究テーマ清水幾太郎の思想研究を導入として,わが国におけるプラグマティズムの受容史研究にも取り組んでいます。とりわけ,J.デューイとの接触をめぐる日本と中国の特質やその後の受容史の違いの検討にも研究領域を拡げつつあります。
研究キーワード清水幾太郎 プラグマティズム J・デューイ 知識人 昭和時代の社会と思想
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著作】
(単著)『清水幾太郎―異彩の学匠の思想と実践』,2015,ミネルヴァ書房.
(共著)「清水幾太郎における「貴族」と「大衆」の系譜―『倫理学ノート』を中心に」(早稲田大学日本地域文化研究所編『伊勢の歴史と文化』,2009,行人社所収).

【論文】
(査読有)
「清水幾太郎のプラグマティズムの二面性―昭和研究会をめぐる動向から」『社会学史研究』第32号,2010.
「清水幾太郎のオーギュスト・コント解釈―社会的現実と「歴史哲学」への志向をめぐって」『ソシオ サイエンス』第18号,2012.
「清水幾太郎の思想形成におけるデューイの影響 : 現在ある人間の主体性・能動作をめぐって」『日本デューイ学会紀要』第54号,2013.
「下地寛令・清水幾太郎共著 『心理学概論』 について―新資料の書誌的情報と成立事情を中心に」『早稲田社会科学総合研究』第17巻第1号,2016.

(査読無)
「清水幾太郎における「現実関与の論理」の形成」『社学研論集』第15号,2010.
「清水幾太郎における人間の日常性と非合理性への関心―「市民社会」から『民主主義の哲学』へ」『社学研論集』第17号,2011.
「思想としての「機械時代」―清水幾太郎の戦後社会観」『社学研論集』第18号,2011.
「清水幾太郎における「体系」と「経験」―『現代思想』から『倫理学ノート』を経てコントへ」『社学研論集』第19号,2012.

【発表】
「ジョン・デューイと清水幾太郎の思想形成について」日本デューイ学会第56回研究大会(東洋大学),2012.
「清水幾太郎の環境観とジョン・デューイ―環境のなかの人間をめぐって」社会思想史学会第37回研究大会(一橋大学),2012.
「学生・清水幾太郎における英米思想への関心」日本デューイ学会第61回研究大会(早稲田大学),2017.
受 賞
主な学会活動日本社会学会
社会思想史学会
日本社会学史学会
日本デューイ学会
日本社会学理論学会
社会等との関わり2012〜 日本デューイ学会『ジョン・デューイ著作集(仮)』翻訳出版プロジェクト 政治・哲学チーム翻訳分担者
2015〜 個人情報保護士
2016〜 二級知的財産管理技能士(管理業務)
個人のURL
担当科目
オフィスアワー
研究室5号館370号室
内線番号内線1152
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ