本文へ移動します

乗富 秀富

氏 名乗富 秀富ノリトミ ヒデタカのりとみ ひでたか 
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野生体触媒化学、コロイド化学、バイオプロセス工学
最終学歴・学位1986年東京大学大学院工学系研究科合成化学専門課程博士課程修了・工学博士
研究テーマ生体触媒を用いた環境低負荷型合成反応システムに関する研究
研究キーワード
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1) タンパク質のストレス耐性用固定化担体へのバイオ炭の応用,乗富秀富(分担),分離技術会編「分離技術のシーズとライセンス技術の実用化」,分離技術会,114-121(2018).
(2) Solvent dependence of enzymatic enantioselectivity in ionic liquids, Hidetaka Noritomi, Ionic Liquids - Current State of the Art (ISBN: 978-953-51-2122-0), Ed by Scott Handy, InTech, Rijeka, Croatia, Chapter 6, 139-157 (2015).
(3) 糖系界面活性剤逆ミセルを用いる金属ナノ粒子のサイズ制御と高濃度合成,乗富秀富,オレオサイエンス,14(11), 479-485(2014).
(4) Increase in thermal stability of proteins by aprotic ionic liquids, Hidetaka Noritomi, Ionic Liquids - New Aspects for the Future (ISBN: 978-953-51-0937-2), Ed by Jun-ichi Kadokawa, InTech, Rijeka, Croatia, Chapter 22, 581-593(2013).
(5) 3・1・12 非水溶媒,3・2・10 非水溶媒, 乗富秀富(分担), 日本油化学会編「油脂・脂質・界面活性剤データブック」,丸善,344-345,356 (2012).
(6) Preparation of Highly Concentrated Silver Nanoparticles: Method Using Solid-Liquid Extraction by Reverse Micelles (ISBN: 978-3-659-28397-0), Hidetaka Noritomi, LAP LAMBERT Academic Publishing, Saarbruken, Germany (2012).
(7) Protease-catalyzed synthetic reactions in ionic liquids, Hidetaka Noritomi, Ionic Liquids: Applications and Perspective (ISBN 978-953-307-248-7), Ed by Alexander Kokorin, InTech, Rijeka, Croatia, Chapter 22, 517-528(2011).
(8) イオン液体中でのプロテアーゼによるペプチド合成, 乗富秀富, ケミカル・エンジニヤリング, 53, 949-953(2008).
(9) タンパク質の分離・濃縮への逆ミセルの応用, 乗富秀富, 表面, 44, 183-203(2006).
(10) 逆ミセルによる抽出,新しい抽出技術, 乗富秀富(分担), 培風館,99-125(2002).
(11) Enzymatic synthesis of peptide in water-miscible organic solvent/supercritical carbon dioxide, Hidetaka Noritomi, Methods in Biotechnology, Vol.13: Supercritical Fluid Methods and Protocols, Ed by J. R. Williams and A. A. Clifford, Humana Press Inc., Totowa, NJ, 189-192(2000).
(12) Rational control of enzymatic enantioselectivity through solvation thermodynamics, Charles R. Wescott, Hidetaka Noritomi and Alexander M. Klibanov, J. Am. Chem. Soc., 118, 10365-10370(1996).
(13) The influence of the mode of enzyme preparation on enzymatic enantioselectivity in organic solvents and its temperature dependence, Hidetaka Noritomi, Orn Almarsson, Gabriel L. Barletta and Alexander M. Klibanov, Biotechnol. Bioeng., 51, 95-99(1996).
(14) ポリビニルアルコールによるホウ素の吸着, 乗富秀富, 広津孝弘, 大井健太, 日本海水学会誌, 45(4), 199-201(1991).
(15) Enzymatic reactions in aqueous-organic media Ⅶ. Peptide and ester synthesis in organic solvents by α-chymotrypsin immobilized through non-covalent binding to poly(vinyl alcohol), Hidetaka Noritomi, Akira Watanabe and Hideo Kise, Polymer J., 21(2), 147-153(1989).
(16) Peroxidase oxidations of hydroquinone and p-cresol in AOT reversed micelles, Hidetaka Noritomi, Kazutoshi Iwamoto and Manabu Seno, Colloid & Polymer Sci., 266(8), 753-758(1988).
(17) 逆ミセル系における酵素反応, 妹尾 学, 乗富秀富, 化学と生物, 24, 569-575(1986).
受 賞(1) Biochemical Engineering Journal (Elsevier) 2013年優秀査読賞, 2014年.
(2) (財)油脂工業会館第50回(平成18年度)油脂技術優秀論文賞 「タンパク質の分離・濃縮への逆ミセルの応用に関する研究」,2007年.
主な学会活動
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 54
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ