本文へ移動します

中村 真利子

氏 名中村 真利子ナカムラ マリコなかむら まりこ 
職 位助教
所 属首都大学東京法学部 法学科 法律学コース
法学政治学研究科 法曹養成専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法曹養成専攻
 
専門・研究分野刑事訴訟法
最終学歴・学位中央大学大学院法学研究科博士後期課程修了、博士(法学)
研究テーマアメリカ法との比較研究
研究キーワード刑事法
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】
・椎橋隆幸・柳川重規編『刑事訴訟法基本判例解説〔第2版〕』(信山社、2018年4月)
・椎橋隆幸編『米国刑事判例の動向Ⅵ』(中央大学出版部、2018年3月)
・椎橋隆幸編『米国刑事判例の動向Ⅴ』(中央大学出版部、2015年2月)

【論文】
・「児童の法廷外供述と被告人の対決権」法学新報123巻9・10号(椎橋隆幸先生退職記念号)(2017年3月)
・「被害者の供述の許容性」被害者学研究25号(2015年3月)
・「遮へい措置及びビデオリンク方式を用いた証人尋問の合憲性」比較法雑誌48巻4号(2015年3月)
・「不正行為による対決権喪失の理論」比較法雑誌48巻3号(2014年12月)
・「鑑定書の証拠能力」比較法雑誌47巻2号(2013年9月)

【翻訳】
・ミリアム・ガニ/堤和通監訳/中村真利子訳「講演 コモン・ロー文化の挑戦―刑法の法典化―」比較法雑誌47巻2号(2013年9月)
受 賞
主な学会活動【日本刑法学会】会員

【日本被害者学会】会員
・「被害者の供述の許容性」第25回学術大会個別報告(2014年6月)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ