本文へ移動します

中嶋 泉

氏 名中嶋 泉ナカジマ イズミなかじま いずみ 
職 位准教授
所 属東京都立大学人文社会学部 人文学科 表象文化論教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 表象文化論分野
2018年再編前の所属
都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 表象文化論教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 表象文化論教室
 
専門・研究分野美術史、美学、フェミニズム理論、批評理論、女性学
最終学歴・学位博士(学術)
研究テーマ 第二次世界大戦後の日本におけるジェンダー秩序の揺らぎと女性美術家の活動の関連について調査しています。現在の研究は、草間彌生、田中敦子、福島秀子といった戦後世代の女性画家の抽象的絵画表現を対象に、批評史や作品分析方法の再検証を行いつつ、女性の表現活動の再考を行なっています。
研究キーワード絵画、美術、イメージ、第二次世界大戦後、日本、日米文化関係、ジェンダー、フェミニズム、グローバル・アート、国際交流。批評史、批評理論、フェミニズム美術史
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[主な著書]
中嶋泉 『アンチ・アクション─日本戦後絵画と女性画家』、ブリュッケ、2019年。

Izumi Nakajima, “Dream for Solidarity: Palestinian Art, JAALA and Haryū Ichirō in the 1970s and 1980s” in Past Disquiet: Artists, International Solidarity and Museums-in-Exile, University of Chicago Press, 2018, pp.162-182.

三輪健仁、 中嶋泉、 加治屋健司、外山紀久子、大島徹也、小林剛、尾崎信一郎、山口和彦、日高優、松井勝正、林道郎、江崎聡子、池上裕子ほか著『ニューヨーク 錯乱する都市の夢と現実』、田中正之編著、竹林舎、2016年12月(中嶋 泉「ニューヨークと草間彌生─1959年と1989年の批評から見る─」を分担著、pp.436-456)。

Pollock, Griselda, Nakajima, Izumi, et al., "Yayoi Kusama Between Abstraction and Pathology", Psychoanalysis and the Image, Griselda Pollock ed., London: Blackwell Publishing , 2006, pp. 127-160.

中嶋 泉「英国(UK)のフェミニズムと美術研-グリゼルダ・ポロックに聞く」『イメージ&ジェンダー』(特集:「グローバリズム再考ー世界のジェンダーとアート—研究と創造の現場から」),北原恵,小勝禮子,中嶋泉編著)vol. 8 ,彩樹社,2008年, pp.45-56.


[主要論文]
Izumi Nakajima, "Women Artists and Post-war Japan", in Yuko Nasaka and Kim Lim, S/2 London, 2017, pp.7-16.

中嶋 泉「ニキ・ド・サンファルを日本で観ること」,『国立新美術館研究紀要』第3号,2016年、pp331−337.

中嶋 泉「井上照子の絵画」『井上長三郎、照子』(展覧会カタログ),板橋区立美術館,2015年,pp. 118-121.

中嶋 泉「移動する作家、移動するイメージ」『松谷武判の流れ』(展覧会カタログ),西宮市大谷記念美術館, 2015年10月,pp. 116–122.

NAKAJIMA, Izumi, "From Rental Galleries to Alternative Spaces, Postwar Japanese Art, 1945-1989: Primary Documents, Chong, Doryun, Hayashi Michio et al eds., New York: the Museum of Modern Art, 2012.

NAKAJIMA, Izumi, "When Unable to Compete” Journal of History of Modern Art, No. 30, Korean Association for History of Modern Art, December 2012, pp. 221-250.

中嶋 泉「日本戦後美術のジェンダーを考える」『言語文化』第29号,明治学院大学 言語文化研究所,2012年3月,pp. 247-263. (査読有)
8. 中嶋 泉「戦後抽象絵画と日本の女性の画家」『20世紀の女性美術家と視覚表象の調査研究』北原恵編集,大阪大学文学研究科・日本学研究室)科学研究費補助金・基盤研究報告書),2011年3月,pp.142-155.

中嶋 泉「田中敦子の円と線の絵画」『言語社会』第5号,一橋大学大学院言語社会研究科,2010年,pp.285-103.


[主な講演、学会発表等]
Nakajima, Izumi and Tiampo, Ming, “From Post-Bandung to Post-Fukushima: Building ‘human-scale’ worlds through solidarity movements in Japan”, in Tate Modern Conference Axis of Solidarity: Landmarks, Platforms, Futures, Tate Modern, London, UK, February 23, 2019.

中嶋 泉「言葉にならないもの オーラル・ヒストリーと女性アーティスト」「戦後日本美術の群声」日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ主催,於東京大学,2017年7月.

中嶋 泉「アクション・ペインティング--様々な抵抗」,「ニキ・ド・サンファル」展関連イベント,於国立新美術館、2015年9月.

中嶋 泉「日本前衛美術受容の変遷」,「没後20年 具体の作家-正延正俊」展関連イベント、於西宮市大谷記念美術館, 2015年7月.

中嶋 泉「工藤哲巳と草間彌生」,「工藤哲巳:あなたの肖像」展関連イベント,於東京国立近代美術館,2014年3月.

NAKAJIMA, Izumi, “When Unable to Compete”, in Art and Rivalry The Korean Association for the History of Modern Art Thirteenth International Conference, Seoul Museum of Art, Seoul, Korea, October 20, 2012.

中嶋 泉「日本戦後美術のジェンダーを考える」,シンポジウム「西洋美術とジェンダー——視ることの制度」(明治学院大学芸術学科・言語文化研究所),於明治学院大学,2011年12月.

[公開されているインタヴュー』
出光真子インタビュー (インタヴュアー:小勝禮子、中嶋泉)、 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(URL: www.oralarthistory.org)

安永幸一インタビュー (インタヴュアー:黒田雷児、中嶋泉)、 2016年10月、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(URL: www.oralarthistory.org)

高崎元尚インタヴュー (インタヴュアー:中嶋泉、池上裕子)、 2016年7月、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(URL: www.oralarthistory.org)

石内都インタビュー1、2 (インタヴュアー:小勝禮子、中嶋泉)、 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(URL: www.oralarthistory.org)

ヨシダ・ヨシエインタビュー1、2 (インタヴュアー:光田由里、中嶋泉)、 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(URL: www.oralarthistory.org)
受 賞[賞罰等]
2007年 鹿島美術財団「美術に関する調査研究の助成」(一年間)

2007年 日米教育委員会フルブライト奨学金(一年間)

2003年 英国リーズ大学大学院術・美術史・文化学研究科Distinction Award

2002年 一橋大学派遣留学生如水会奨学金(一年間)

[科学研究費補助金等外部研究費の取得状況]
2019年8月〜2022年3月 科学研究費若手研究「「女流画家」のジェンダー的言説分析ー占領期・ポスト占領期の女性運動の一側面として」(研究代表者:中嶋泉)

2018年4月〜2019年3月  2018年度若手奨励研究費 首都大学東京

2017年4月〜2018年3月 2017年度若手奨励研究費 首都大学東京



2014年8月〜2016年3月  科学研究費補助金研究活動スタート支援「パシフィック・ノースウェスト・スクールと日本の戦後美術の交流 」(研究代表者:中嶋泉)

2013年4月〜2016年3月  科学研究費補助金基盤研究(C)「オーラルヒストリーによる1970年前後の前衛美術とその隣接領域に関する研究 」分担研究者(研究代表者:加治屋健司)
主な学会活動2019年6月〜 ジェンダー史学会
2002年5月〜  美術史学会
2000年3月〜 イメージ&ジェンダー研究会
社会等との関わり2009年5月〜 現在 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ(http://www.oralarthistory.org)スタッフ
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 表象文化論基礎理論
  • 表象文化論基礎理論
  • 外国語文献講読
  • 空間表象論
  • 空間表象論
  • 表象文化論卒業論文
  • 卒業研究
  • 表象文化論基礎理論
  • 表象文化論基礎理論
  • 外国語文献講読1
  • 空間表象論
  • 空間表象論
  • 表象文化論卒業論文
  • 卒業研究
  • 芸術表象研究
  • 芸術表象特論
  • 修士論文指導(表象)
  • 博士論文指導(表象)
  • 修士論文指導(表象)
  • 博士論文指導(表象)
  • 表象文化論基礎
オフィスアワー特に決めておりませんので、Eメール(inakajim@tmu.ac.jp)にてアポイントメントを取ってください。
研究室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ