本文へ移動します

松枝 剛広

氏 名松枝 剛広マツエダ タカヒロまつえだ たかひろ 
職 位助教
所 属首都大学東京システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
都市教養学部 理工学系 機械工学コース
理工学研究科 機械工学専攻
 
専門・研究分野材料力学・破壊力学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ金属材料中の微小疲労き裂挙動,フレキシブル太陽電池の信頼性評価に関する研究
研究キーワード金属疲労,微小き裂,疲労限度,アコースティック・エミッション法,ロックイン・サーモグラフィ
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
学術論文

(1)松枝剛広,青野雄太,野口博司,微小き裂のΔKthを用いた鈍い切欠き材の疲労限度評価について(第一報:応力比が零の焼鈍した炭素鋼による初期き裂寸法の取り方の検討),日本機械学会論文集A編,Vol.77,No.773,(2011),pp. 228-232.

(2)Takahiro MATSUEDA,Hiroshi NOGUCHI,Fatigue Limit Evaluation of Blunt-Notched Specimen Using ΔKth Value of Small Crack, Procedia Engineering,Elsevier ,Netherlands,Vol.10,(2011),pp.1023-1028.

(3)Takahiro MATSUEDA,An alternative method to evaluate endurance limit in plain steel specimens (JIS, S15C S45C and A286),Applied Mechanics and Materials, Trans Tech Publishing,Switzerland,Vol. 563, (2014), pp. 85-89.

(4)Takahiro MATSUEDA,A new evaluation method of crack initiation limit in notched specimen: effect of notch shape on aspect ratio of low carbon alloy steels (JIS, S15C S35C and S45C),Material Research Innovations, Maney Publishing,UK,Vol.18, (2014),Suppl.5,pp.S5-48-S5-51.

(5)Takahiro MATSUEDA,Effects of grain size on crack aspect ratio and crack initiation limit in notched specimen of austenitic stainless steel(JIS SUS304),Applied Mechanics and Materials, Trans Tech Publishing,Switzerland,Vol.620, (2014), pp.438-442.

(6)Distribution of Aspect Ratio of Fatigue Crack at Notch Root Depending on Crack Initiation Point of Annealed Steel, JIS S45C, T.Matsueda, M. Ishida, K. Mizobe, Materials Science Forum, Vol. 893, pp. 240-244, 2017. 3

(7)T. Matsueda and T. Nakashima, "Modified Method to Predict Fatigue Crack Shape Based on Empirical Observation", Key Engineering Materials, Vol. 748, pp. 396-399, 2017.4
受 賞ICSMMS2014 Best Paper Award, Takahiro MATSUEDA,A new evaluation method to calculate crack initiation limit with modified crack aspect ratios in notched specimen of carbon steels, ICSMMS 2014, Hangzhou,China,(April 11-12, 2014)
2017 the 6th International Conference on Advanced Materials and Engineering Materials Best Paper Award.
主な学会活動日本機械学会,日本非破壊検査協会,自動車技術会
社会等との関わり日本機械学会関東支部卒業研究発表会BPA審査員(2017.3)

日本機械学会関東支部卒業研究発表会BPA審査員(2018.3)
個人のURL
担当科目
オフィスアワー
研究室10号館機械建築実験棟221室
内線番号内線4184
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ