本文へ移動します

河村 明

氏 名河村 明カワムラ アキラかわむら あきら 
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 都市基盤環境学科
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 都市基盤環境コース
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
 
専門・研究分野水文学、水資源学、河川工学
最終学歴・学位昭和60年3月 九州大学大学院工学研究科博士後期課程単位取得退学・工学博士
研究テーマ1.河川の降雨流出に関する研究,2.降雨の実時間予測に関する研究,3.水運用管理のためのリスク解析および意志決定支援システムに関する研究,4.水文気象時系列のカオス的特性解析およびその予測手法に関する研究,5.南方振動の特性解析および日本・韓国の降水・気温との相関解析に関する研究,6.河口堰ゲートやポンプの最適制御および貯水池の最適操作に関する研究,7.適応的カルマンフィルターによる水文気象時系列の異常検出とパターン変動解析に関する研究,8.配水管網系における需要量推定および水圧制御に関する研究.
研究キーワード降雨流出、実時間予測、水管理、水文気象時系列、大気海洋指標、水圧制御
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・Handbook of Applied Hydrology, Second Edition (2016) edited by V. P. Singh
 Kawamura, A. and Merabtene, T. “Evolutionary Computing : Genetic Algorithms as an Example” Chap.13, pp. 13-1-13.4.
・都市の技術(改訂版),技報堂出版 (平成28年 3月)首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 都市基盤環境学域編   まえがき,1.2節,2.1節,7.4節 執筆
・全世界の河川辞典,丸善出版 (平成 25年 7月) ニュージーランド,スウェーデン,ノルウェー,フィンランドの河川を執筆担当
・水理公式集例題プログラム集平成13年度版、土木学会,丸善 (平成14年 3月) 例題1-11および例題1-13を執筆・プログラム作成担当
・土木工学における逆問題入門,土木学会,丸善 (平成12年 4月)  2.3節,6.7節執筆担当.
・裸地表面と低大気層における熱と水分の輸送,森北出版 (平成 8年10月)H.F.M.ten Berge著,九州地下水研究会訳 2.1節〜2.3節(pp.7-19)翻訳担当
・パソコンによる地下水解析,森北出版 (平成 2年 6月) W.キンツェルバッハ著,上田年比古監修 4章および5章(pp.120-159)翻訳担当

・Bui, N.T., Kawamura, A., Amaguchi, H., Bui, D.D., Truong, N.T. and Nakagawa, K. (October 2018)
  Social sustainability assessment of groundwater resources: A case study of Hanoi, Vietnam.
  Ecological Indicators, Vol.93, pp.1034-1042.
・Padiyedath, S.G., Kawamura, A, Takasaki, T., Amaguchi, H. and Azhikodan, G. (August 2018)
  An effective storage function model for an urban watershed in terms of hydrograph reproducibility and Akaike information criterion.
  Journal of Hydrology, Vol.563, pp.657-668.
・Bui, N.T., Kawamura, A., Kim, K.W., Prathumratana, L., Kim, H.K., Yoon, S.H., Jang, M. (June 2017)
  Proposal of an indicator-based sustainability assessment framework for the mining sector of APEC economies.
 Resources Policy, Vol.52, pp.405-417.
・Nakagawa, K., Amano, H., Kawamura, A. and Berndtsson, R. (June 2017)
  Classification of groundwater chemistry in Shimabara, using self-organizing maps.
  Hydrology Research, Vol.48, Issue 3, pp.840-850.
・Koga, T., Kawamura, A., Amaguchi, H. and Tanouchi, H. (April 2016)
  Assessing impervious area ratios of grid-based land-use classifications on the example of an urban watershed.
  Hydrological Sciences Journal, Vol.61, Issue 9, pp.1728-1739.
・Nguyen, T.T., Kawamura, A., Tong, T.N., Amaguchi, H., Nakagawa, N., Gilbuena, R.L. (July 2015)
  Identification of spatio-seasonal hydrogeochemical characteristics of the unconfined groundwater in the Red River Delta, Vietnam.
  Applied Geochemistry, Vol.63, pp.10-21.
・Olsson, J., Berg, P. and Kawamura, A. (April 2015)
  Impact of RCM spatial resolution on the reproduction of local, sub-daily precipitation.
  Journal of Hydrometeorology, Vol.16, Issue 2, pp.534-547.
・Nguyen, T.T., Kawamura, A., Tong, T.N., Nakagawa, N., Amaguchi, H. and Gilbuena, R.L. (April 2015)
  Hydrogeochemical assessment of groundwater quality during dry and rainy seasons for the two main aquifers in Hanoi, Vietnam.
  Environmental Earth Sciences, Vol.73, Issue 8, pp.4287-4303.
・Nguyen, T.T., Kawamura, A., Tong, T.N., Nakagawa, N., Amaguchi, H. and Gilbuena, R.L. (March 2015)
  Clustering spatio?seasonal hydrogeochemical data using self-organizing maps for groundwater quality assessment in the Red River Delta.
 Journal of Hydrology, No.55, pp.661-673.
・Nguyen, T.T., Kawamura, A., Tong, T.N., Nakagawa, N., Amaguchi, H. (October 2014)
  Hydrogeochemical characteristics of groundwater from the two main aquifers in the Red River Delta, Vietnam.
  Journal of Asian Earth Sciences, Vol.93, pp.180-192.
・Gilbuena, R.L., Kawamura, A., Medina, R.R., Nakagawa, N. and Amaguchi, H., (Decmber 2013)
  Environmental impact assessment using a utility-based recursive evidential reasoning approach for structural flood mitigation measures
   in Metro Manila, Philippines.
  Journal of Environmental Management, Vol.131, pp.92-102.
・Gilbuena, R.L., Kawamura, A., Medina, R.R., Amaguchi, H., Nakagawa, N. and Bui, D. D. (April 2013)
  Environmental impact assessment of structural flood mitigation measures by a rapid impact assessment matrix (RIAM) technique.
  Science of the Total Environment, No.456-457, pp.137-147.
・Bui, D., D., Kawamura, A., Tong, T., N., Amaguchi, H. and Nakagawa, N. (December 2012)
  Spatio-temporal analysis of recent groundwater-level trends in the Red River Delta, Vietnam.
  Hydrogeology Journal, Vol.20, Issue 8, pp.1635-1650.

・地物データGISを用いた新たな地物指向分布型流出解析モデルの提案(平成19年7月),土木学会論文集B、Vol.63, No.3, pp.206-223.
・Detection of ENSO-influence on the monthly precipitation in South Korea.(Dec 2005),
  Hydrological Processes, Vol.19, No.20, pp.4081-4092.
・Drought and Water Resources Management in Japan.(Dec. 2005), IAHS Publication, No.301, pp.57-77.
・2002年筑後川渇水の実態と水資源運用(平成17年9月),水文・水資源学会誌,第18巻5号,pp.539-546.
・Impacts of ENSO on monthly precipitation in South Korea and Fukuoka, Japan.(April 2005),IAHS Publication, No.296.
・Nonlinear multivariable analysis of SOI and local precipitation and temperature.(Jan 2005), Nonlinear Processes in Geophysics, Vol.12, No.1.
・Quantitative relationship between SOI and observed precipitation in southern Korea and Japan by nonparametric approaches.(Jan 2005),
 Journal of Hydrology, No.301.
・渇水及び水資源開発事業による筑後川河川流況の変動特性(平成16年7月),水道協会雑誌,第383号.
・ 昇降順対数流況曲線の提案(平成16年5月), 土木学会論文集、No.761/II-67.
・ Nonparametric approach for detection of correlation between SOI and precipitation (February 2004),
 Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.48. pp.79-84.
・Neural networks for rainfall forecasting by atmospheric downscalling. (January 2004)
  Journal of Hydrologic Engineering, ASCE, pp.1-12.
・Statistical characteristics of Southern Oscillation Index and its barometric pressure data. (November 2002)
Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.20, No.2, pp.41-49.
・Risk assessment for optimal drought management of integrated water resources system using genetic algorithm. (August 2002),
  Hydrological Processes, No.16, pp.2189-2208.
・南方振動と福岡市月降水量の相関関係について(平成13年11月) 土木学会論文集、No.691/II-57. pp.153-158.
受 賞環境システム計測制御自動化研究会優秀論文賞(平成6年9月) 国際水道シンポジウム東京’98論文入選(平成10年11月)
主な学会活動(アジア・オセアニア地球科学会 AOGS) 水文科学セッションセクレタリー(2016-2018年)
(日本学術会議地球惑星科学委員会IAHS小委員会)委員(少なくとも2002-2018)
(土木学会):地球環境委員会委員長(2017-2018年度),同副委員長(2015-2016年度),地球環境研究論文集編集小委員会委員長(2017-2018年度),
 土木学会論文集G分冊編集委員長()
(水文・水資源学会):副会長(2014-2016年度),監事(2017-2018年度),総務委員長(2012-2014年度),編集出版委員長(2004-2006年度)、理事(2004-2008年度,2010-2016年度)
(雨水貯留浸透技術協会)編集委員長(2016.12-)
社会等との関わり東京都土木技術センターとの共同研究,福岡県 国土利用計画審議会委員、(社)九州地方計画協会委員、福岡市水道水源かん養林整備検討委員会委員、国土交通省 水循環健全化に向けた総合施策検討調査委員会委員公開講座「地球環境とエネルギー」講演(平成16年7月九州大学環境センター主催)「水理公式集例題プログラム集」講習会(平成14年9月土木学会 水理委員会主催)省エネ・新エネこども学習講座講義(平成13年度3回福岡市環境局環境保全部主催)
個人のURL
担当科目
  • 都市の技術
  • 水循環工学
  • 都市基盤環境情報処理実習I
  • 都市防災工学概論
  • 水環境システム設計
  • 水文学特論
  • 水文学演習
  • 環境システム工学講究Ⅰ
  • 環境システム工学講究Ⅱ
  • 環境システム工学講究Ⅲ
  • 環境システム工学講究Ⅳ
  • 環境システム工学講究Ⅴ
  • 環境システム工学講究Ⅰ
  • 環境システム工学講究Ⅱ
  • 環境システム工学講究Ⅲ
  • 環境システム工学講究Ⅳ
  • 環境システム工学講究Ⅴ
  • 水文学特論I
  • 水文学特論II
  • 環境システム特講
  • 環境システム工学講究Ⅰ
  • 環境システム工学講究Ⅱ
  • 環境システム工学講究Ⅲ
  • 環境システム工学講究Ⅳ
  • 環境システム工学講究Ⅴ
  • 環境システム工学講究Ⅰ
  • 環境システム工学講究Ⅱ
  • 環境システム工学講究Ⅲ
  • 環境システム工学講究Ⅳ
  • 環境システム工学講究Ⅴ
  • 水文学特論I
  • 水文学特論II
  • 環境システム特講
  • 都市の技術
オフィスアワー
研究室9号館588号室
内線番号内線4542
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ