本文へ移動します

畠山 久

氏 名畠山 久ハタケヤマ ヒサシはたけやま ひさし 
職 位助教
所 属首都大学東京学術情報基盤センター
2018年再編前の所属
学術情報基盤センター
 
専門・研究分野教育工学, 地理学
最終学歴・学位首都大学東京 都市環境科学研究科地理環境科学専攻 博士前期課程修了 (2008)
研究テーマスマートデバイスを用いた防災・減災学習支援に関する研究
高等教育機関におけるeラーニング基盤とメディアの活用
研究キーワード防災教育, 教育工学, 情報システム, モバイルデバイス, 位置情報, 拡張現実感, システム開発, ヒューマンインターフェース, eラーニング, Web-DBシステム
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
■ 平成29年度
Hatakeyama,H., Nagai,M. and Murota,M.: “Acquiring Disaster Prevention Knowledge from Fieldwork Activities in a Region”, HCI International 2017, Vancouver, BC, Canada, July 9-14, 2017, Proceedings, Part II, pp. 433-442 (2017.07.9-14, Vancouver, Canada)
畠山 久, 永井正洋, 室田真男: “タブレット端末を用いた都市部における野外防災学習の取り組み”, 教育システム情報学会第42回全国大会, D4-1, pp.265-266 (2017.08.23-25, 北九州)
畠山 久, 倉田和己, 光原弘幸, 永井正洋, 室田真男: "WS06: 防災・減災学習におけるICT活用の可能性を考える", 日本教育工学会 第32回全国大会 (2016年9月, 大阪)
永井正洋, 松波紀幸, 畠山 久, 古屋真宏, 森本吉哉, 佐伯 徹: “生徒のセルフチェックによるe健康観察システムのデザイン”, 日本教育工学会 第33回全国大会 講演論文集, pp.265-266 (2017.09.15-18, 松江)
Hatakeyama,H., Nagai,M. and Murota,M.: “Earthquake Disaster Prevention Learning Approach in Japan Combining Fieldwork Survey Learning and Evacuation Drill Training”, Workshop Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education. pp. 191-197 (2017.12.04-08, Christchurch, New Zealand)
藤吉正明, 畠山 久, 永井正洋: “全学利用eラーニングシステムへの導入後改修の一例”, 情報処理学会 研究報告教育学習支援情報システム(CLE),2017-CLE-23(18), pp.1-6 (2017.12.08-09, 松山)
畠山 久, 藤吉正明, 岡村明央, 黒田 勲, 杉森美枝, 永井正洋: “OSSを活用した全学利用eラーニングシステムの導入事例”, 大学ICT推進協議会 2017年度年次大会, FP2-11 (2017.12.13-15, 広島)
山崎本務, 畠山 久, 永井正洋, 室田真男: “360°画像を用いた避難訓練支援システムの改良と評価”, 情報処理学会 第80回全国大会, 7ZD-06 (2018.03.13-15, 東京)
受 賞
主な学会活動日本地理学会
日本教育工学会
情報処理学会
教育システム情報学会
日本科学教育学会
日本災害情報学会
地域安全学会
社会等との関わり■ 首都大学東京
オープンユニバーシティ講座「学校の先生のための ICT 入門講座」講師 (2014-)
教員免許状更新講習 講師 (2014-2017)

■ 連携校
東京都立南多摩中等教育学校 東京都理数イノベーション校事業関連外部指導者 (2016)

■ その他コミュニティ等
Ja Sakai コミュニティ 幹事 (2015-)
安全・安心若手研究会 世話役 (2017-)
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践IIB
  • 情報リテラシー実践I 15
  • 情報リテラシー実践ⅡC
  • 情報リテラシー実践ⅠA 35
  • 情報リテラシー実践ⅡC
  • 情報リテラシー実践IIB
  • 情報リテラシー実践ⅡC
  • 情報リテラシー実践ⅡC
オフィスアワーオフィスアワーは特に設定しませんが,直接質問したい場合は随時受け付けます。事前にメールでアポイントメントをとってください。
研究室情報処理施設 213室
内線番号内線2537
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ