本文へ移動します

花田 智

氏 名花田 智ハナダ サトシはなだ さとし 
職 位教授
所 属首都大学東京理学部 生命科学科
理学研究科 生命科学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野細菌系統分類学、環境微生物学
最終学歴・学位博士(理学)
研究テーマ光合成複合微生物系の構成や形成に関する研究
光合成細菌の系統分類
研究キーワードphotosynthetic prokaryotes, thermophiles, Chloroflexus, Roseiflexus, aerobic anoxygenic phototrophic bacteria, cyanobacteria
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<原著論文(117報)、Proceeding (5報)、和文総説(16報)>
1.Hanada, S., Y. Kawase, A. Hiraishi, S. Takaichi, K. Matsuura, K. Shimada and K.V.P. Nagashima (1997) Porphyrobacter tepidarius sp. nov., a moderately thermophilic aerobic photosynthetic bacterium isolated from a hot spring. Int J Syst Bacteriol, 47:408-413
2.Hanada, S., S. Takaichi, K. Matsuura, and K. Nakamura (2002) Roseiflexus castnholzii gen. nov., sp. nov., a thermophilic, filamentous, photosynthetic bacterium which lacks chlorosomes. Int J Syst Evol Microbiol, 52: 187-193
3.Zhang、 H., Y. Sekiguchi, S. Hanada, P. Hugenholtz, H. Kim, Y. Kamagata and K. Nakamura (2003) Gemmatimonas aurantiaca gen. nov., sp. nov., a Gram-negative aerobic polyphosphate-accumulating microorganism, the first cultured representative of the bacterial phylum Gemmatimonadetes phy. nov. Int J Syst Evol Microbiol, 53:1155-1163
4.Tamaki, H., Y. Tanaka, H. Matsuzawa, M. Muramatsu, X.-Y. Meng, S. Hanada, K. Mori, and Y. Kamagata (2011) Armatimonas rosea gen. nov., sp. nov., a Gram-negative, aerobic、 chemoheterotrophic bacterium of a novel bacterial phylum、 Armatimonadetes phyl. nov., formally called the candidate phylum OP10. Int J Syst Evol Microbiol, 61: 1442-1447 他

<新分類記載:新門2門、新綱4綱、新目4目、新科5科、新属28属、新種51種>

<英文著書/総説(全8報)[Bergey’s manual 3報、The prokyaryotes 3報]>
1.Hanada, S. and B. K. Pierson (2006) The Family Chloroflexaceae, pp. 815-842, In: M. Dworkin et al. eds., The Prokaryotes: A Handbook on the Biology of Bacteria 3rd edition、 Vol. 7: Proteobacteria: Delta and Epsilon Subclasses. Deeply Rooting, New York, Springer-Verlag.
2.Mori, K. and S. Hanada (2009) Family II. Thermodesulfobiaceae Mori, Kim, Kakegawa and Hanada 2004, 1VP, pp. 1268-1271, In: W. B. Whitman et al. eds, Bergey’s Manual of Systematic Bacteriology vol. 3 他

<和文解説/総説(全18報)>
1.花田智 (2013) 微生物による食品変敗事例と原因菌の同定 微生物コントロールによる食品衛生管理―食の安全・危機管理から予測微生物学の活用まで(株式会社エヌ・ティー・エス)第2編第3章
2.花田智 (2014) 新規微生物(新門)の探索と発見 環境と微生物の事典(日本微生物生態学会編、浅倉出版)pp. 18-19
3.花田智 (2016) 微生物の有害性(変色) 有害微生物の制御と管理(高島浩介、久米田裕子、土戸哲明、古畑勝則監修、テクノシステム)pp. 172-177 他

<著書/訳書(全1報)>
1.花田智 (2016) 微生物 目には見えない支配者たち Nicholas P. Money著、花田智訳、サイエンスパレット031、丸善出版

<招待講演18回(うち、国際学会での招待講演4回)>
1.Hanada, S. (2009) Gemmatimonadetes, a new phylum proposed in 2003. III Congress of European Microbiologists [FEMS 2009] (Gothenburg, Sweden) 他

<特許(全4件)>
1. 新規高分子物質APK-78、その生産方法、微生物産生凝集剤及び排水凝集(特許第3086879号)
2. 油水分離剤及び油水分離方法(特許第3086880号)
3. 一般環境微生物に対する光触媒材料の抗菌性能評価方法(特許第4953071号)
4. 水中物質検出装置(特許第5051654号)

論文詳細・総引用数・h-index・i10-indexは以下のURLで:
https://scholar.google.com/citations?hl=en&user=nib7DKMAAAAJ
受 賞(1)1998年地球環境産業技術研究所所長賞「Phylogenetic Analysis of Trichloroethylene-Degrading Bacteria Newly Isolated from the Soil Polluted with This Contaminant (和文題名「汚染土壌から単離されたトリクロロエチレン分解菌の系統解析」)の論文発表」
(2)2001年 文部科学省第60回注目発明「油水分離剤及び分離方法」
(3)2002年 JSME Prize 2002 for the Best Publication, Japanese Society of Microbial Ecology. The prize-winning paper: Application of a portable spectrophotometer to microbial mat studies: Temperature dependence of the distribution of cyanobacteria and photosynthetic bacteria in hot spring water. Microbes and Environments, 16:255-26
(4)2008年 第20回池袋演劇祭 大賞 公演タイトル「Away Target」 
主な学会活動日本微生物生態学会 学会員
学会誌のeditor等:
(1)The Journal of Microbiology誌 Associate Editor(2005年10月〜現職)
(2)Microbes and Environments誌 Associate Editor(2007年4月〜2015年3月)
(3)Microbes and Environments誌 Senior Editor(2015年4月〜現職)
社会等との関わり〈演劇を通じた社会参加〉
演劇レーベルBo-tanzでの脚本と演出
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=1050

〈小説執筆を介しての社会参加〉
2012年 「天狼新星 Sirius: Hypernova」ハヤカワSFシリーズ Jコレクション 早川書房
個人のURL
担当科目
  • 生物学特別講義(原核生物の生理学的多様性)
  • 生物学特別講義(原核生物の系統分類と命名)
  • 進化生物学実験(光合成複合微生物)
  • 生命科学特別演習Ⅰ
  • 生命科学特別演習Ⅰ
  • 細胞科学特別講義
  • 細胞科学特別講義
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物2)
  • 生命科学実験1(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験1(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験2(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験2(光合成複合微生物)
  • 生命科学特別演習Ⅰ
  • 生命科学特別演習Ⅰ
  • 細胞科学特別講義
  • 細胞科学特別講義
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物1)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー1(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物2)
  • 生命科学セミナー2(光合成複合微生物2)
  • 生命科学実験1(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験1(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験2(光合成複合微生物)
  • 生命科学実験2(光合成複合微生物)
オフィスアワー8:30-18:30
研究室光合成複合微生物研究室
内線番号内線3744
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ