本文へ移動します

網本 和

氏 名網本 和アミモト カズあみもと かず  
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
H30再編後の所属
健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
 
専門・研究分野理学療法学、高次神経機能障害の評価と治療
最終学歴・学位筑波大学大学院修了、医学博士
研究テーマ高次神経機能障害の評価と治療 脳損傷例の体幹機能とバランス障害の評価と治療 高齢者の運動障害の評価と治療
研究キーワード高次神経機能障害 バランス障害 高齢者運動障害
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【論文】
Prone positioning reduces severe pushing behavior: three case studies: Journal of Physical Therapy Science28巻9号 Page2690-2693(2016.09)
理学療法関連用語 正しい意味がわかりますか? Trail Making Test: 理学療法ジャーナル50巻11号 Page1029(2016.11)
高次脳機能障害に対する認知リハビリテーションの技術  腹臥位によって座位バランスの改善をみたpusher現象を伴う重度左片麻痺の1例: The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine53巻5号 401-404(2016.05)
パーキンソン病患者に対する理学療法とtDCS(経頭蓋直流刺激)を併用したときの動作緩慢と歩行へ及ぼす効果の検討: 理学療法学43巻2号184-5(2016.04)
【著書】
脳卒中理学療法の理論と技術・改定第二版:「高次脳機能検査」p232-254, メジカルビュー、2016年6月
図解 運動療法ガイド:「高次脳機能-Pusher 」p 508-517, 文光堂、2017年3月
理学療法評価学テキスト:「高次脳機能・精神知能検査」p 139-148, 南江堂、2017年3月
【学会発表】
The Relationship Between Subjective Postural Vertical and Trunk Impairment Scale (TIS) in Patients with Acute Stroke. 25th European Stroke Conference, P008, 2016,4.
Early Mobilization prevents pneumonia complication in acute stroke patients. P010, 25thEuropean Stroke Conference, P008, 2016,4.
Analyses of the subjective postural vertical in frontal and sagittal planes with respect to the sitting pressure distribution in early after stroke patients.P158, 25thEuropean Stroke Conference, P008, 2016,4.
Perception of biological motion and acquisition of motor skill in patients with unilateral spatial neglect. P224, 25thEuropean Stroke Conference, P008, 2016,4.
Effects of a Head Mounted Display Adaptation on Reaching Behaviour: Implications for a Therapeutic Approach in Unilateral Neglect.18th International Conference on Cognitive Neuroscience and Neuropsychology,P62, London United Kingdom Sep 29-30, 2016, 18 (9) Part XIII
Relationship between Pushing Behavior and Subcortical White Matter Lesion in the Acute Phase after Stroke.18th International Conference on Cognitive Neuroscience and Neuropsychology,P96 , London United Kingdom Sep 29-30, 2016, 18 (9) Part XIII
Relationship Between Vertical Perception And Activities Of Daily Living In Patients With Neglect And Pusher Behaviour, ACPT congress 2016, Kuala Lumpur, Oct.7-8, Malaysia
受 賞第4回理学療法ジャーナル賞
主な学会活動日本理学療法学会 日本リハビリテーション医学会 日本神経心理学会 日本高次脳機能障害学会
社会等との関わり公益社団法人日本理学療法士協会常務理事 
認定理学療法士試験委員
理学療法ジャーナル誌編集委員
個人のURL
担当科目
  • 保健医療概論
  • 機能・能力診断学実習
  • 神経・筋系理学療法学
  • 臨床運動学
  • 基礎理学療法学
  • 理学療法研究法
  • 徒手技術学Ⅱ実習
  • 機能・能力診断学臨床実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 総合臨床実習Ⅱ
  • 高次神経機能障害理学療法学
  • IPE海外短期研修(キングストン大学)
  • IPE海外短期研修(カロリンスカ研究所)
  • IPE海外短期研修
  • 理学療法科学特別研究a
  • 神経系障害理学療法学特論演習
  • 神経系障害理学療法学特論演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 神経系障害理学療法学特論
  • 神経系障害理学療法学特論
  • 理学療法科学特別研究a
  • 神経系障害理学療法学特講
  • 神経系障害理学療法学特講
  • 神経系障害理学療法学特講演習
  • 神経系障害理学療法学特講演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 保健医療概論
オフィスアワー月-金 10:00-14:00、15:00-17:30
研究室校舎棟研究室588
内線番号内線488
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果平成28年度〜平成30年度
ページトップへ