本文へ移動します

阿保 真

氏 名阿保 真アボ マコトあぼ まこと 
職 位教授
所 属東京都立大学システムデザイン学部 電子情報システム工学科
システムデザイン研究科 電子情報システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野光・電波計測
最終学歴・学位都立大院・電気工学・修士修了。博士(工学)(都立大・1995年)
研究テーマ光・電波による大気リモートセンシング技術
研究キーワードレーザー・レーダー・ライダー・大気環境・リモートセンシング・電波計測・都市大気
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Observation of Synchronization Between Instabilities of the Sporadic E Layer and Geomagnetic Field Line Connected F Region Medium‐Scale Traveling Ionospheric Disturbances, J. Geophys. Res. Spce Phys., Vol.124 No.6 pp.4627-4638, 2019.

Vertical fine structure and time evolution of plasma irregularities in the Es layer observed by a high-resolution Ca+ lidar, Earth, Planets and Space, No.71:3, 2019.

Comparison of CO2 Vertical Profiles in the Lower Troposphere between 1.6 µm Differential Absorption Lidar and Aircraft Measurements Over Tsukuba, Sensors, 18(11) 4064, 2018.

Rayleigh/Raman lidar observations of gravity wave activity from 15 to 70 km altitude over Syowa (69°S, 40°E), the Antarctic, J. Geophys. Res. Atmos., Vol.122 No.15 pp.7869-7880, 2017.

Development of 1.6  μm DIAL using an OPG/OPA transmitter for measuring atmospheric CO2 concentration profiles, Appl. Opt. , Vol.56 pp.1194-1201, 2017.

一般用デジタルカメラを利用した簡易SO2カメラの製作 , 火山, 57, 4, pp219-225, 2012.

On mesopause region temperature and wind measurements with 2 pseudorandom modulation continuous-wave (PMCW) lidar at 589 nm, Applied Optics, 50(18), 2916, 2011.

Vertical air motion in midlevel shallow-layer clouds observed by 47-MHz wind profiler and 532-nm Mie lidar: Initial results, Radio Sci., Vol.44, RS4014, doi:10.1029/2008RS004017, 2009.

In situ observations of instabilities in the mesopause region using foil chaff technique during the Waves in Airglow Structures Experiment (WAVE) campaigns, J. Geophys. Res., 114, D20114, doi:10.1029/2009JD012237, 2009.

Development of a 1.6μm differential absorption lidar with a quasi-phase-matching optical parametric oscillator and photon-counting detector for the vertical CO2 profile,Applied Optics,Vol.48,748-757,2009.

The Structure of the Dust Layer over the Taklimakan Desert during the Dust Storm in April 2002 as Observed Using a Depolarization Lidar,J. Meteor. Soc. Japan,Vol.86, pp.1-16,2008.

Meteor Orbit Determinations with Multistatic Receivers Using the MU Radar,Earth, Moon, and Planets,No.DOI 10.1007/s11038-007-9150-x,2007.

A fast-propagating, large-scale atmospheric gravity wave observed in the WAVE2004 campaign,J. of Geophys. Res.,No.2005JD006788RR,2006.

赤道域に設置した多目的ライダーシステム,日本リモートセンシング学会誌,Vol.26, No.1, pp.45 - 51,2006.

Lidar Range-Resolved Optical Remote Sensing of the Atmosphere, Springer pp.307-323 2005.
受 賞
主な学会活動レーザセンシング学会(理事)、応用物理学会、日本光学会、電子情報通信学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、日本気象学会、レーザー学会、日本エアロゾル学会、大気環境学会、The International Society for Optical Engineering、American Geophysical Union、Optical Society of America、IEEE、日本リモートセンシング学会、計測自動制御学会・リモートセンシング部会運営委員(2004年〜)、International Coordination-group for Laser Atmospheric Studies (ICLAS) Member(2012年〜)
社会等との関わり東京都花粉症対策検討委員会 (1998-2003年)
個人のURL
担当科目
  • 通信方式
  • ディジタル通信
  • 通信工学演習
  • 通信工学
  • 情報システム実験Ⅰ
  • ディジタル通信
  • スクリプト言語演習
  • 通信工学
  • 環境情報計測特論
  • 通信システム特別講義
  • 通信システム特別講義
  • 情報伝送工学特論
オフィスアワー
研究室1号館202号室
内線番号内線8415
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成31年度
researchmap
取組成果
ページトップへ