本文へ移動します

浅野 敬志

氏 名浅野 敬志アサノ タカシあさの たかし  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 経営学系 経営学コース・経済学コース
社会科学研究科 経営学専攻
H30再編後の所属
経済経営学部 経済経営学科 経済学コース・経営学コース
経営学研究科 経営学専攻
 
専門・研究分野財務会計、経営分析
最終学歴・学位慶應義塾大学商学研究科博士課程後期単位取得満了
研究テーマ会計情報の変容と資本市場
研究キーワード会計情報の変容、企業価値評価、会計ディスクロージャー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
業績リストは下記サイトを参照。
http://researchmap.jp/takasano/?lang=english
受 賞日本経営分析学会 日本経営分析学会賞(2007年5月)
主な学会活動日本会計研究学会、日本経営分析学会、国際会計研究学会、
日本ディスクロージャー研究学会
American Accounting Association、
European Accounting Association
社会等との関わり学会活動等
・日本経営分析学会 理事(2017〜)
・日本ディスクロージャー研究学会 理事(2015〜)
・日本ディスクロージャー研究学会 年報編集者(2015〜)
・日本銀行金融研究所 客員研究員(2015〜2016)
・日本銀行金融研究所 個別事務委嘱(2013〜2015)
・日本ディスクロージャー研究学会 幹事(2012〜2015)
・日本経営分析学会 30周年記念出版編集委員会幹事(2012〜2015)
競争的資金の獲得(直近5年)
・「マネジメント・アプローチと多国籍企業の情報開示選択に関する実証的研究(基盤研究C)」2017〜2020
・「ディスクロージャー制度の再設計-持続的な価値創造に資する企業報告のあり方-(基盤研究B)」2015〜2018
・「巨大災害が資本市場に及ぼす影響と会計情報の開示に関する理論的・実証的研究(基盤研究B)」2015〜2018
・「業績予想の開示方法の多様化に関する実証的研究(基盤研究C)」2013〜2016
・「リスク情報の統合開示に関する総合的分析(基盤研究B)」2013〜2016
・「国際会計の概念フレームワーク(基盤研究A)」2012〜2015
・「日米企業における業績予想の開示姿勢と情報環境の実証分析(全国銀行学術研究振興財団)」 2011〜2012
個人のURL
担当科目
  • 演習(浅野)
  • 卒業論文(浅野)
  • 演習(浅野)
  • 演習(浅野)
  • 卒業論文(浅野)
  • 経営分析特論
オフィスアワー水 12:00-13:00
研究室3号館314号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ