本文へ移動します

畑 純一准教授が参画する事業「研究用MRI共有プラットフォーム」が、文部科学省「先端研究基盤共用促進事業」に採択されました

 人間健康科学研究科 放射線科学域の畑 純一准教授が参画する事業「研究用MRI共有プラットフォーム」(代表機関:国立大学法人大阪大学)が、文部科学省「先端研究基盤共用促進事業」に採択されました。

畑純一准教授
畑純一准教授

事業の趣旨(文部科学省HPより抜粋)

 本事業では、国内有数の先端的な研究施設・設備について、その整備・運用を含めた研究施設・設備間のネットワーク構築し、全ての研究者への高度な利用支援体制を有する全国的なプラットフォームを形成することで、我が国の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献することを目的とする。

事業の概要

 全国に点在する研究用MRI設備を高度なデジタル化により集約し、現実空間と仮想空間を統合することで、複数の大学・施設により構成される「研究用MRI共有プラットフォーム」を形成します。
 本学はその実施機関の一つであり、人間健康科学研究科 放射線科学域の畑 純一准教授が代表を務めます。

研究イメージ

先端研究基盤共用促進事業(研究用MRI共有プラットフォーム)詳細:
https://www.mripf.jp/ 外部リンク

関連リンク

文部科学省HP「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」の採択機関の決定について」 外部リンク

人間健康科学研究科 放射線科学域 畑純一准教授 別ウィンドウ

ページトップへ