本文へ移動します

理学研究科物理学専攻 椎名 拳太大学院生、森 弘之教授、岡部 豊名誉教授らの発表論文が『Scientific Reports』2020の TOP100に選ばれました!

 理学研究科物理学専攻 椎名 拳太大学院生、森 弘之教授、岡部 豊名誉教授が、シンガポール・バイオ情報学研究所との共同研究で2020年2月に発表した論文「Machine-Learning Studies on Spin Models―機械学習によるスピン系の相転移の研究―」が、Natureの姉妹誌『Scientific Reports』の2020年TOP100(物理学部門)に選出されました。

 この論文はダウンロード数2,949件を記録し、『Scientific Reports』が2020年に発表した物理学論文(800件以上)の中でTOP100内の25位にランクインしました。

■発表論文

タイトル:Machine-Learning Studies on Spin Models
URL: https://www.nature.com/articles/s41598-020-58263-5 外部リンク

■プレスリリース

・2020年2月14日:大学HP「機械学習によるスピン系の相転移の研究」
・2020年3月28日:EurekAlert!「Machine learning puts a new spin on spin models」 外部リンク

■ランキング

Scientific Reports Top 100 in Physics 外部リンク

ページトップへ