本文へ移動します

GPAC運営サポーターの参加報告

 8月28日~30日の3日間にわたり、本学学生がGPAC(Global Partnership of Asian Colleges)に運営サポーターとして参加をしました。
 GPACとは、アジアの国・地域に所在する大学の学生が参加する国際学生会議です。今年度は、千葉商科大学(日本)、早稲田大学(日本)、ソウル国立大学(韓国)、ベトナム国家大学(ベトナム)、国立政治大学(台湾)、西南財経大学(中国)、COMAS(イスラエル)から100名を超える学生が参加しました。期間中は学生による研究成果のプレゼンテーション・ディスカッションを中心として、学生間の交流イベント等が実施され、本学学生は運営サポーターとして、フィールドワークでの案内やプレゼンテーションの運営をサポートしました。

 
 

 サポーターとして参加する前のオリエンテーションでは海外の学生と円滑にコミュニケーションをとるためのワークショップが実施されました。
 海外の学生と英語によるコミュニケーションを積極的に取ることで、本学学生にとって有意義な国際交流の場となりました。

ページトップへ