本文へ移動します

今はまだない新素材を開発し、環境問題を解決したい

学生 イメージ

安田 奈央

都市環境学部 都市環境学科
分子応用化学コース 1年
東京都 白梅学園清修中高一貫部 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

大学進学をする数年前から、生物模倣に関する材料研究に取り組んでみたいと考えていました。都立大の分子応用化学コースであれば、生物模倣の研究ができ、さらに設備や研究論文のレベルも高く、高度な研究がに取り組めると確信していました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

環境応用化学基礎ゼミナール

この授業では理系レポートの文章構成や情報検索の留意点、化学実験、化学英語など理系にとって必要な基礎を学びました。また後期のPBL型授業には2段階あり、日本語発表の後、英語論文を読んで発表をするので化学英語と研究内容を理解して正確に他者へ伝えることが必要とされます。そのため問題発見・解決力、化学英語の能力、プレゼンテーション能力などといったスキルを向上させることができます。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

私は材料開発によって世界を変えたいと考えています。つまり、大気汚染やエネルギー問題といった環境問題に対して、それを改善する新素材を開発し社会貢献をすること、これが私の将来の目標です。

本学では、人工光合成に関する研究が行われていますが、このように過去のある時点までは実現が困難であるとされてきたものを、自分たちの手で実現し、環境問題を改善したいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ