本文へ移動します

都市設計の学びを深め新たなことを知る姿勢を持ち、色々なまちを巡りたい

学生 イメージ

遠藤 夢奈

都市環境学部 都市政策科学科 2年
東京都立 国立高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

私は公務員を漠然と志望しており、特定の分野ではなく広い分野の知識・知見を得たいと感じていました。そんな中で進学先を探していた際に文理融合の都市政策科学科を見つけ、興味を持ったので志望しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

実習 都市設計

既存の図面のトレースやスケッチ、模型製作やフィールドワークなどにより、都市設計の基本的技能を「都市」「住環境」「地区」の3つのスケールで学びます。授業では文系・理系の学生ともが在籍していますが、志向の違いに関係なくグループで協力できたことが印象的に残っています。頭だけの理解にとどまらず身体感覚で都市設計の技能を習得できることも魅力的だと感じました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

優れた都市環境がどんなものかを現在の授業で学んだので、都市が抱える課題や都市設計をするに当たってその知識を生かしていけたらと思います。また、今後新たなことを知ろうとする姿勢を忘れないように心掛け、日本のさまざまなまちを都市設計の視点をもって巡りたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ