本文へ移動します

環境の維持や防災について学びを深め、今後の自分の研究に生かしたい

学生 イメージ

山﨑 友優也

都市環境学部 都市政策科学科 2年
東京都立 昭和高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

実家から通うことができる面や学費の安さから都立大を進路として選びました。元々は文化の保存や振興に興味があり人文社会学部を志望していたのですが、国や自治体のレベルでそれらを行うには政策・法律の分野が大きく関わってくると感じたので都市政策科学科で学びたいと思いました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

政策過程論

国や自治体の政策がどのように形成され、終息させるかという過程を学びました。政策の過程をモデル化して因果関係を分かりやすくし、それまで漠然としていた政治や行動の働きを理解しました。また、一連の流れに関わる人の動きに着目すると、政策形成の各段階でさまざまな団体や人が影響を及ぼしていることが分かりました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

私は現在自然と上手く付き合っていく社会を実現させることに興味があるので、防災や環境の維持について学んでいます。将来的にはさらにこの学びを深めつつ、自分の研究を進めることができたらと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ