本文へ移動します

地方自治体でまちづくりや観光に関わり、地域振興に貢献したい

学生 イメージ

工藤 実倫

都市環境学部 都市環境学科
自然・文化ツーリズムコース 3年
東京都 私立錦城高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

幼い頃から街歩きや旅行が好きだった私は、大学でそのことについて学びたいと考えていました。進学について考える中、観光やまちづくりについて専門的に学ぶことができる都市環境学科のカリキュラムに惹かれ、都立大に進学しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

観光まちづくり実習

実際に観光地を訪問し、観光まちづくりの先進事例を学ぶ実習です。2泊3日の実習では栃木県宇都宮市を訪問し、地域資源の発掘やブランドプロモーションを学び、分析しました。日光にも赴き、自然や歴史的な文化を体感することにより観光地としての魅力や課題についても学ぶことができました。現地で地域振興に関わる方の話を聞き、観光資源を街と結びつけてブランド化することの重要性と難しさを実感しました。今後もこの課題を追求したいと考えています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

将来は地方自治体で都市や地域のまちづくりや観光に携わり、地域振興を行うのが目標です。今後も一層学びを深めていき、現場地域の資源や魅力の発掘、それらを生かした観光プログラムの提案や実施を行えるような人材を目指したいと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ