本文へ移動します

都立大で学んだ専門知識を生かして、インフラ事業に貢献したい

学生 イメージ

磯村 大輔

都市環境学部 都市基盤環境学科 2年
東京都 私立日本大学第三高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

私は、高校生の頃に道路や橋などに興味を持っており、そういったインフラの維持管理について学びたいと考えていたため都市基盤環境学科を志望しました。また、最先端の技術で学べる環境が整っているということも進学の決め手となりました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

都市基盤環境FBL

この授業では、大学で学ぶ知識や技術が社会でどのように生かされているかを学んでいます。さまざまな仕事の現場を調査・視察することで、働く人はもちろん他の学生からも多様な意見を聞き、自分と違う視点で物事を考えられるようになりました。授業中の質問などはわかりやすく具体的に答えをもらうことができ、自分自身もより深い質問をしようと勉強するようになりました。授業の一番の魅力は、インフラ事業の現場調査に参加できて詳しい説明を聞けることです。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

私は、将来役所に勤めたいと考えています。しかし、民間と役所はお互いの仕事・事業を理解していなければ一つの仕事を成すことは難しいと思います。今学んでいる演習でさまざまな民間企業の現場を見ることで学びを深め、役所の中から民間のニーズに対応できるような人間になりたいと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ