本文へ移動します

エンジンの振動も楽しめる自動車の開発に携わりたい

学生 イメージ

佐藤 孝俊

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 機械工学コース 4年
栃木県立 真岡高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

まず、純粋に東京に憧れていたことが、都立大進学の一つの理由です。公立大学のため、学費の負担も少なく、学力についても自身と合致していたことも進学した理由です。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

機械力学研究室

機械振動の解析方法について研究しています。研究室では、印刷機械を稼動させて振動データを測定。そのデータから振動挙動をアニメーション化するなどして、振動の特性を割り出します。振動の問題は、例えば自動車や鉄道であればエンジンやモーターの振動だけでなく、車輪から伝わる振動など多種多様です。就職活動の際、多くの企業がこの分野に関心が高いことを知り、活用範囲の広さも知りました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

自動車メーカーに就職が決まりました。現時点では配属が決まっていませんが、エンジンの実験解析業務に携わりたいと考えています。そして、乗り心地の良い振動の自動車の開発に関わることが目標です。ただ静かなだけではなく、エンジンの振動さえも楽しめるような、そんな面白い自動車を作れたら良いと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ